スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(軽減税率の導入に関しては、)関係する事業者の理解が欠かせないが、反対意見が根強い。公明党は『消費税率の引き上げと同時に』ということを主張しているが、われわれ(自民党)との合意ではない」by野田毅

2015.09.25.Fri.12:16

2015年9月24日 NHKニュースの記事より引用
『野田氏「軽減税率 引き上げ時に導入困難」
9月24日 0時04分

自民党の野田税制調査会長は23日夜、民放の番組に出演し、消費税の軽減税率の導入時期について、再来年4月に消費税率が10%に引き上げられるのと同じ時期に導入するのは困難だという認識を示しました。
消費税の軽減税率を巡って、自民・公明両党は今年度の税制改正大綱に、消費税率が10%に引き上げられる平成29年度からの導入を目指して、早急に具体的な検討を進めることを明記していて、現在、協議を続けています。
これに関連して、自民党の野田税制調査会長は23日夜、民放の番組に出演し、軽減税率の導入時期について、「関係する事業者の理解が欠かせないが、反対意見が根強い。公明党は『消費税率の引き上げと同時に』ということを主張しているが、われわれとの合意ではない」と述べ、再来年4月に消費税率が10%に引き上げられるのと同じ時期に導入するのは困難だという認識を示しました。
一方、公明党の斉藤税制調査会長は同じ番組で、「消費税は、再来年4月1日に10%になる訳だから、軽減税率の導入は当然4月1日からだ」と述べました。』



2015年9月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/CPJBB


2015年9月24日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6bnSfMTkH


2015年9月24日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0925-1212-14/www3.nhk.or.jp/news/html/20150924/k10010245511000.html



【比較のため 参考】
2014年4月21日 共同通信の記事より引用
『【国会議員歳費】 削減、打ち切り濃厚 国民負担増尻目に 身を切る改革、掛け声倒れ 



 消費税増税に国民の理解を得るため続けてきた国会議員歳費の20%削減は、期限を迎える4月末での打ち切りが濃厚になった。増税直後だけに延長も取り沙汰されたが、自民党は消極的で他党も及び腰。国民の負担増を尻目に議員の「生活苦」を理由として、給与に相当する歳費を元に戻したい本音がのぞく。進まない衆院議員定数削減と併せて「身を切る改革」は掛け声倒れの様相だ。
 18日の衆院議院運営委員会理事会。逢沢一郎委員長が歳費問題を念頭に議論を促したが、沈黙が続いた。削減延長を求めていたはずの公明党や野党の一部も特に発言はせず、散会した。

 自民党の石破茂幹事長は15日、「借金して事務所の運営費に回している議員も多い。生活が困窮する状況はいかがか」と記者団に述べた。2回の期末手当を含めて現在、議員歳費の年額水準は約1685万円。削減が終了すれば約2106万円に戻る。党内では「民間に給与を上げるよう要請しているので総合的に考えるべきだ」(細田博之幹事長代行)と、賃上げの「率先垂範論」まで飛び出す。
 公明党は「議員定数削減が実現していない」(井上義久幹事長)として、削減幅を約7%に圧縮しての延長を要求。自民党は「パフォーマンス」(幹部)と冷ややかだ。

 政権与党当時に歳費削減を実現した民主党は、態度を明確にしない。松原仁国対委員長は「議員個々の問題なので丁寧な議論が必要だ」と述べるにとどめる。閣僚経験者は「誰もが歳費を上げてほしいと思っている」と本音を漏らす。

 2012年の衆院選公約で30%削減を掲げた日本維新の会も腰が定まらない。小沢鋭仁国対委員長は現行の半分の10%カットを提唱したが、橋下徹共同代表の鶴の一声で、30%削減を要求する方針を決めた。

 結いの党は、30%削減の議員立法の共同提出を日本維新に働き掛ける考えだ。消費税増税に反対する共産党は歳費に関し「検討中」(志位和夫委員長)と説明する一方、「最大の無駄遣い」(同氏)と位置付ける政党交付金の全廃を訴える。

 期限が迫っているため各党は声を上げるものの、自民党幹部は「歳費の議論はもう終わった」と語り、逃げ切り作戦の「成功」を宣言した。

(共同通信)2014/04/21 10:36 』



細田博之20140429


2014年4月21日 共同通信の該当記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.today/MpPm0


2014年4月21日 共同通信の該当記事のアーカイブ(zooom.it)
http://zoom.it/NvYN


2014年4月21日 共同通信の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0429-0920-24/www.47news.jp/47topics/e/252753.php




2014年4月18日 石破茂公式ブログより引用
『2014年4月18日 (金)

日英安全保障講演会など

 石破 茂 です。

 今週は英国王立防衛研究所主催のセミナーで今後の日英関係についてスピーチをする機会がありました。
 日英同盟締結当時は勿論、集団的自衛権という概念は存在していなかったのですが、その締結から破棄に至るまでの経緯は、この問題を考えるにあたって大きな示唆を与えてくれます。
 もう絶版になっていると思いますが、「日英同盟 日本外交の栄光と凋落」(関栄次著 学研刊)はとても興味深い論考です。
 「自ら助くるの意思と力があって茲(ここ)に初めて価値ある同盟国も出来るのである。同盟や協商の外交的工作に自国の存立を託し、若しくは重要国策を依存せしめんとするが如きは、痴人の夢と一般、不可能事である」
 本書に紹介されている元外交官本多熊太郎の言葉はなかなか含蓄の深いものです。本多熊太郎についての評価はともかく、この言葉は確かな真理を含んでいるように思います。

 国会議員の定数はとにかく削れ、歳費はとにかく引き下げろ、的な議論が一部にありますが、ほとんどの議員は1日の休みもなく、朝7時から夜10時まで働いているのが実情ですし、宿舎近くのスーパーでは1円でも安い食材を買い求めている議員も多く見かけます。あちらこちらの地方議会で議員のなり手が無く、無投票が増えているのもかなり深刻な事態だと認識しています。  あらゆる批判に晒されるのが公人の務めであるとは知りつつも、若い議員たちの窮状を見るにつけ、本当にこれでいいのかという思いが致します。
 
 本日は六時二十分発の飛行機で沖縄市へ参ります。
 週末は19日土曜日が自民党千葉県連大会。10時より「激論クロスファイア」(BS朝日系・収録)に出演致します。
 日曜日は沖縄市長選挙の事前遊説でまた沖縄市に参ります。
 さる土・日と衆院補欠選挙事前遊説で奄美・徳之島、公示日であった今週火曜日は鹿児島・指宿というような日程で、まだ4月とはいえ日差しの強い地域での屋外活動が続いています。少し体調管理に気をつけなくてはならないと思っています。

 今週は鹿児島、沖縄、それに加えて練馬区長選挙など選挙関係日程が立て込んでしまいましたため、纏まった文章が記せませんことをお詫びいたします。

 皆様、お元気でお過ごしくださいませ。』


2014年4月18日 石破茂公式ブログの記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.today/CDqiY


2014年4月18日 石破茂公式ブログの記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/V7Ug


2014年4月18日 石破茂公式ブログの記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140526213523/http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-76c9.html


2014年4月18日 石破茂公式ブログの記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0527-0635-40/ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-76c9.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。