スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ああいう形での採決になったことは、不本意ではあったが、審議はほぼ尽くされたと感じていたし、いつまでも話をしているわけにもいかない。参議院としての態度、結論を出さなければならなかった。ただ、10党のうち5党が賛成に回り、強行採決だとは思わない。政府の答弁には、不備が目立った。これからも謙虚に説明を尽くして欲しい」by鴻池祥肇

2015.09.17.Thu.21:41

2015年9月17日 NHKニュースの記事より引用
『安保法案 参院特別委で可決
9月17日 19時04分

今の国会の最大の焦点となっている、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案は、参議院の特別委員会で採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されました。与党側は、法案を、17日、参議院本会議に緊急上程して速やかに可決・成立させたい考えで、17日午後8時10分から参議院本会議が開かれることが中川参議院議院運営委員長の職権で決まり、民主党は、中川議院運営委員長の解任決議案を提出するなど、与野党の攻防は、一層緊迫してきました。
安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会は、鴻池委員長が、職権で決めた午前8時50分からの理事会を、通常の理事会室ではなく、委員会室で行おうとしたことに野党が強く反発しました。
そして、鴻池委員長が、委員会の開会を宣言すると、野党が、鴻池委員長に対する不信任動議を提出しました。
これを受けて、午後、開かれた委員会で動議の採決が行われた結果、自民・公明両党などの反対多数で否決されました。
続いて直ちに、質疑の打ち切りを求める動議が出され、自民・公明両党などの賛成多数で、質疑の打ち切りが決まりました。
そして、民主党などが抗議するなか、法案の採決が行われ、自民・公明両党と、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の賛成多数で可決されました。
また、自民・公明両党と、次世代の党など野党3党の合意に基づいて、集団的自衛権の行使が可能となる「存立危機事態」では、日本が武力攻撃を受けるおそれがあるときなどを除いて、自衛隊を派遣する際に例外なく国会の事前承認を求めるなどとした付帯決議が可決されました。
与党側は、法案を17日、参議院本会議に緊急上程して速やかに可決・成立させたいとして、午後6時すぎから開かれた参議院議院運営委員会の理事会で本会議の開会について野党側と協議しました。
その結果、17日午後8時10分から本会議を開くことが中川議院運営委員長の職権で決まりました。
これに対し、民主党は、参議院に中川議院運営委員長の解任決議案を提出しました。
さらに、民主党などは、今後、参議院に安倍総理大臣に対する問責決議案、衆議院に安倍内閣に対する不信任決議案を提出するなど、あらゆる手段を講じて対抗するとしていて、与野党の攻防は、一層緊迫してきました。
鴻池委員長「審議はほぼ尽くされた」
安全保障関連法案を審議する参議院の特別委員会の鴻池委員長は、採決の後、記者団に対し、「ああいう形での採決になったことは、不本意ではあったが、審議はほぼ尽くされたと感じていたし、いつまでも話をしているわけにもいかない。参議院としての態度、結論を出さなければならなかった。ただ、10党のうち5党が賛成に回り、強行採決だとは思わない」と述べました。一方で、鴻池氏は、「政府の答弁には、不備が目立った。これからも謙虚に説明を尽くして欲しい」と述べました。
自民・佐藤元防衛政務官「ひとまず安ど」
特別委員会の与党側の筆頭理事を務めた自民党の佐藤正久元防衛政務官は、「鴻池委員長のもと、丁寧で円滑な委員会運営に努めてきた。質疑時間は、参議院でも100時間を超え、非常に充実した審議ができたのではないか。この法案は、国民の命と幸せな暮らしを守るために絶対に必要な法案であり、可決させることができ、ひとまず安どしている。本会議で可決・成立させることに全力を傾注したい」と述べました。
自民・佐藤国対委員長「参議院の努力に感謝」
自民党の佐藤国会対策委員長は記者団に対し、「参議院での審議時間が100時間を超え、議論が尽くされたということから、鴻池委員長が決断し、採決に至ったと考えている。参議院の努力に敬意を表したい。ただ、採決が混乱したことについては、もう少しやり方があったのではないだろうかと思う」と述べました。
公明・西田参院幹事長「国民の不安の声には向き合う」
公明党の西田参議院幹事長は、記者団に対し、「参議院で100時間を超える審議が行われ、中央公聴会も行うなど、野党の要望にも応えつつ、修正協議で野党3党と合意を結ぶことができた。幅広い合意形成も図りつつ、機が熟した形で採決できたことは評価したい。今も残る国民の不安の声には真摯(しんし)に向き合い、国会としても、安心してもらえる手だてを行っていくべきだ」と述べました。
次世代・和田幹事長「絶対に通さなければならない法案」
次世代の党の和田幹事長は、「国民の命と国を守るために重要な法案なので、まず、委員会の採決で可決したことはひと安心だ。このあと、本会議での採決もあるが、絶対に通さなければならない法案だ。力によって、議事の進行を妨害する行為はあってはならず、反対であっても暴力をふるってはならない」と述べました。
民主・枝野幹事長「到底許されない暴挙」
民主党の枝野幹事長は、国会内で記者団に対し、「十分な審議が尽くされておらず、採決がなされたと言える代物ではない。これをもって、委員会で可決されたとするならば、到底許されない暴挙だ。ほかの野党とも連絡を取りながら、最大限、抗議し、戦っていくという方向だ。法案の成立阻止に向けて、さらに努力を重ねていく」と述べました。
民主・福山幹事長代理「可決は認められない」
民主党の福山幹事長代理は、NHKの番組で、「法案の可決は認められない。あのような暴力的な採決では、民主主義は死んでしまう。こんなことは、あってはならない。法案の問題点の論点は、まだまだ収れんしていない。今後の対応については、ほかの野党と協力しながら検討していきたい」と述べました。
維新・松野代表「言語道断でルール無視」
維新の党の松野代表は、国会内で記者団に対し、「なぜ、いきなり採決したのか、全く分からない。委員長の不信任動議を処理した後に、いきなり採決したのは言語道断であり、議会のルールを無視している。維新の党の対案も、全く無視された形であり、われわれも答弁席に座っていながら、このような採決をしたことは許しがたい」と述べました。
共産・志位委員長「言語道断の暴挙」
共産党の志位委員長は、党の衆参議員団会議で、「『戦争法案』の強行採決に対し、満身の怒りを込めて抗議の声をぶつけたい。国民の6割以上が、今の国会での成立に反対する中で、憲法違反であることがこれだけ明瞭な法案を、地方公聴会の翌日に、こういうやり方で採決したことは、まさに言語道断の暴挙だ。戦いはこれからであり、この法案をあくまで阻止するために、あらゆる手段を行使して戦い抜きたい」と述べました。
社民・吉田党首「安倍政権暴走の極みだ」
社民党の吉田党首は国会内で記者団に対し、「憲法違反であり、国民の不安や懸念に全く答えていない法案の採決は、安倍政権の暴走の極みで、国会議員として恥ずかしい。国民の中に、法案の成立に反対する声が、どんどん広がっているので、その声を受け止め、野党が結束して、あらゆる手段を講じることで、法案の成立阻止に全力を挙げていく」と述べました。
生活・山本代表「日本に民主主義は根付いてない」
生活の党と山本太郎となかまたちの山本代表は、国会内で記者団に対し、「委員長席を与党の議員が取り囲む中で、委員長自身が確認することなく、可決の判断をすることはありえない。日本に民主主義は根付いてなく、とくに永田町にはないということを再認識した。きょうは自民党が完全に死んだ日だ」と述べました。』



2015年9月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/G70du


2015年9月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6bbtbOjn7


2015年9月17日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0917-2128-54/www3.nhk.or.jp/news/html/20150917/k10010238871000.html

【管理人コメント】
佐藤正久議員は「鴻池委員長のもと、丁寧で円滑な委員会運営に努めてきた。質疑時間は、参議院でも100時間を超え、非常に充実した審議ができたのではないか。この法案は、国民の命と幸せな暮らしを守るために絶対に必要な法案であり、可決させることができ、ひとまず安どしている。本会議で可決・成立させることに全力を傾注したい」と述べている。
であるならば、2015年9月17日にAFP通信で報道されたような暴力行為を働く必要はないのではないか?
国会の論戦を拝見させて頂いたが、与党の議員や大臣は、官僚によってあらかじめ用意されたペーパーを読み上げたり、はぐらかしの答弁を繰り返したりするのみで、丁寧な説明や、真摯な議論が行われたとは到底認めることは出来ない。
また、参考人招致で3人の憲法学者が違憲であるとの見解を示した違憲立法に対しても、きちんとした反論ないし説明がなされたとは言えない。
このような形で、集団的自衛権の行使の名の下に、自衛隊の海外派兵及び海外での武力行使を認める違憲立法を行ったのでは、将来の若い世代にとって取り返しのつかない事態を招き、大きな禍根を残すのではないかと非常に憂慮している。



【参考】
2015年9月17日 AFP通信の記事より引用
『【9月17日 AFP】安全保障関連法案は17日、参議院特別委員会で採決が行われ、賛成多数で可決された。(c)AFP』



2015年9月17日 AFP通信の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/HebTf


2015年9月17日 AFP通信の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6bdeo8XNo


2015年9月17日 AFP通信の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0919-0116-23/www.afpbb.com/articles/-/3060664?pid=16539243


2015年9月17日 津野良和カメラマン撮影の写真のスクリーンショット
佐藤正久議員の暴力行為

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。