スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊文春2015年8月27日号によれば、武藤貴也衆議院議員(滋賀県第4区)が、国会議員特別枠での未公開株購入を名目に知人から出資を募ったにも関わらず、株を購入せず、出資金4100万円を返さないとして金銭トラブルになっている。

2015.08.20.Thu.01:00

2015年8月19日 毎日新聞の記事より引用
『武藤貴也議員:知人に持ち掛けた株購入せず…出資金返さず
毎日新聞 2015年08月19日 13時06分(最終更新 08月19日 15時59分)

 滋賀4区選出の自民党衆院議員、武藤貴也氏(36)が、未公開株購入を名目に知人から出資を募り、株を購入せず出資金を返さないとして金銭トラブルになっていると、19日発売された週刊文春が報じた。武藤氏は同日、「ご迷惑をおかけした皆さまには心よりおわびを申し上げます。今後関係者らと相談し、きちんと対応してまいりたいと思います」とのコメントを出した。

 週刊文春によると武藤氏は昨年「国会議員枠で買える」とソフトウエア会社の未公開株購入を知人らに勧め、23人が計約4000万円を武藤氏の政策秘書の口座に振り込んだ。だが、株は実際には購入されず、出資金の一部は戻っていないという。

 武藤氏は、安全保障関連法案に反対するデモを呼び掛ける学生らのグループを「『戦争に行きたくない』という極端な利己的考え」などとツイッターで批判していた。【樋岡徹也】』


2015年8月19日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/lbuMN


2015年8月19日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6atxy9bxE


2015年8月19日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0820-0019-05/mainichi.jp/select/news/20150819k0000e040245000c.html



【ご参考】
週刊文春2015年8月27日号 32頁乃至33頁の画像データ

武藤貴也 週刊文春2015年8月27日号 32頁〜33頁

【管理人コメント】
武藤貴也衆議院議員は、自身で募った資金4100万円のうち800万程度を政策秘書が使ってしまったので、武藤貴也氏本人には責任はないと主張しています。
ですが、もしこの週刊文春の記事が事実であるならば、株を購入するつもりで出資者からお金を預かり、他の目的に使ってしまったのなら横領罪(刑法第252条第1項)、最初から株式を購入する意図がなければ詐欺罪(刑法第246条)が成立します。
また、本当に、自身で募った資金4100万円のうち800万程度を政策秘書が使ってしまったのならば、武藤貴也氏には、被用者である政策秘書の不法行為に対して使用者として使用者責任を負って返済されていない資金の返済しなければならない責任(民法第715条第1項本文)があるはずです。
法律を作るスペシャリストである優秀な国会議員の方がこのような基本的な法律知識を知らなかったはずはありません。知っていてなおこのような行為を行ったのですから非常に悪質でもあります。
先日の学生デモへの批判発言しかり、現行憲法の認める基本的人権の尊重の全否定発言しかり、当ブログの管理人は武藤貴也氏には議員の資質が欠けていると思います。微力ではございますが、武藤貴也氏には早急なる議員辞職を求めて活動して参ります。




【他の報道】

2015年8月19日 NHKニュースの記事より引用
『自民 武藤貴也衆院議員 トラブル報道で“おわび”
8月19日 12時14分

自民党の武藤貴也衆議院議員は、19日発売の週刊誌で、知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると報じられたことについて、「ご迷惑をおかけした皆さまには、心よりおわびを申し上げます」などとするコメントを発表しました。
衆議院滋賀4区選出の自民党の武藤貴也衆議院議員は、19日発売された「週刊文春」で、知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると報じられました。
これについて、武藤議員は「ご迷惑をおかけした皆さまには心よりおわびを申し上げます。本件につきましては、今後関係者らと相談し、きちんと対応してまいりたい」とするコメントを発表しました。
一方、自民党の谷垣幹事長は、19日朝、公明党の井上幹事長らと会談した際、武藤議員を巡る報道について、「事実関係を確認したうえで報告したい」と述べました。
これに関連して、公明党の漆原中央幹事会会長は記者団に対し、「疑惑を持たれたら、本人が説明し、理解を求めることが先決だ」と述べました。
武藤議員を巡っては、先に、安全保障関連法案を批判している学生らの団体の主張を「利己的考えに基づく」などとみずからのツイッターに書き込み、野党だけでなく与党内からも批判が出ていました。
公明 西田参院幹事長「一刻も早く説明責任を」
公明党の西田参議院幹事長は記者会見で、「武藤議員が国民に心配をかけているのは、今回で2度目だ。報道されたことに関して、本人がおわびしているという報道も流れているが、一刻も早く説明責任を果たさなければならない」と述べました。
民主 枝野幹事長「コメントで済む話でない」
民主党の枝野幹事長は記者会見で、「よほど釈明する材料がないかぎり、議員としていかがなものか。武藤氏はコメントを出して済む話ではなく、記者会見で事情を説明する必要があるし、自民党も党としての見解を示さなければならない」と述べました。
共産 穀田国対委員長「党が責任もって事実関係解明を」
共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で、「報道が事実とすると議員としていかがなものかという問題であり、疑惑が持たれた以上、武藤氏の責任で真摯(しんし)に疑惑をはらすことが求められる。自民党が責任をもって事実関係を解明すべきだ」と述べました。』



2015年8月19日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/DxAiI


2015年8月19日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6atzvWz27


2015年8月19日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0820-0051-59/www3.nhk.or.jp/news/html/20150819/k10010194991000.html


武藤貴也衆議院議員の発言に関する他の報道等に関しては、例えば、拙ブログの以下のエントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-2015.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。