スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安倍総理大臣が談話でも述べたように、過去に対する痛切な反省のうえに平和な世界を作っていくために、政治家として貢献をしていきたいという思いで参拝をした。自分の国のために命をささげた方々に対して、感謝と敬意、そして、追悼の意を表することは、主権国家の国民であれば当然だ。」by稲田朋美

2015.08.16.Sun.20:09
2015年8月15日 NHKニュースの記事より引用
『超党派の国会議員67人が靖国参拝
8月15日 12時16分

終戦の日の15日、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の衆参両院の国会議員67人が靖国神社に参拝しました。
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、毎年春と秋の例大祭と8月15日の終戦の日に東京・九段の靖国神社に参拝しています。
戦後70年の終戦の日の15日は、会長を務める自民党の尾辻元参議院副議長や民主党の羽田参議院幹事長、それに、次世代の党の平沼党首ら衆参両院の国会議員67人が午前11時すぎに、靖国神社の本殿に昇殿し、そろって参拝しました。また、赤池文部科学政務官と岩井経済産業政務官も参拝しました。
このあと、尾辻氏が記者会見し、安倍総理大臣が14日発表した、戦後70年にあたっての総理大臣談話について、「ことばよりも、どのように今後の日本のかじ取りをしていただくかが大事だ。安倍総理大臣に、今後、過ちのない日本のかじ取りをしていただくことを願いたい」と述べました。
これに先だって自民党の稲田政務調査会長も、みずからが会長を務める議員グループ「伝統と創造の会」の永岡厚生労働副大臣や薗浦外務政務官ら9人のメンバーとともに、靖国神社に参拝しました。稲田氏は記者団に対し「安倍総理大臣が談話でも述べたように、過去に対する痛切な反省のうえに平和な世界を作っていくために、政治家として貢献をしていきたいという思いで参拝をした。自分の国のために命をささげた方々に対して、感謝と敬意、そして、追悼の意を表することは、主権国家の国民であれば当然だ」と述べました。』



2015年8月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/UnZXk


2015年8月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ap6xCuuO



2015年8月15日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0816-1946-03/www3.nhk.or.jp/news/html/20150815/k10010191011000.html


【管理人コメント】
尾辻秀久氏は「ことばよりも、どのように今後の日本のかじ取りをしていただくかが大事だ。安倍総理大臣に、今後、過ちのない日本のかじ取りをしていただくことを願いたい」と発言されている。私は尾辻秀久氏の発言には賛同しかねる。
というのは、公人である内閣総理大臣の言葉には一般人とは異なる特別の重みがあるからだ。そして一度発せられた言葉はしばしば一人歩きする。だからこそ公人である内閣総理大臣は、誤解しようのない明瞭な言葉で発言しなければならないと考えるからである。
また、尾辻秀久氏は、安倍晋三氏に対し、「過ちのない日本のかじ取りをしていただくことを願いたい」と述べているが、安倍晋三氏が基本的人権を軽視する自民党憲法草案への改憲を自民党の結党以来の悲願と過去においてしばしば述べているので、安倍晋三氏が総理である限り、ごく一般的な日本国民にとっての幸せを守る、過ちのない日本の舵取りは不可能であると考える。
一方、稲田朋美氏は、「過去に対する痛切な反省のうえに平和な世界を作っていくために、政治家として貢献をしていきたいという思いで参拝をした。自分の国のために命をささげた方々に対して、感謝と敬意、そして、追悼の意を表することは、主権国家の国民であれば当然だ」と述べている。
しかし、終戦記念日に国家神道という一宗教団体の神社に参拝することが、なぜ「過去に対する痛切な反省のうえに平和な世界を作っていく」ことに繋がるのかが非常に不明確であると感じる。
更に、稲田朋美氏は、「自分の国のために命をささげた方々に対して、感謝と敬意、そして、追悼の意を表することは、主権国家の国民であれば当然だ」という。
だが、「自分の国のために命をささげた方々」は、彼らのいう靖国神社に祀られた方々だけなのだろうか?確かに、軍属でもなく捕虜となった米兵に当時食糧難だった国内では貴重であったごぼうを食べさせたためにA級戦犯とされた方もいると聞く。
しかし、靖国神社に祭られている者は、そのほとんどが当時の軍属、軍閥の者たちである。
稲田朋美氏が「自分の国のために命をささげた方々」に対して、感謝と敬意、そして、追悼の意を表する意図があり、世界平和を実現したいと考えているのであれば、当時、軍属でもなんでもないのに戦争に巻き込まれてかけがえのない命を失った多くの一般的な日本国民が葬られている千鳥ヶ淵戦没者墓苑になぜいかないのであろうか?なぜ千鳥ヶ淵ではなく靖国神社なのか?この辺りに彼らの真意が伺い知れるのではないかと思う。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。