スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三総理大臣は、2015年8月7日、首相官邸で行われた翁長雄志沖縄県知事との会談で、年間3千億円台の沖縄振興予算の確保への最大限の努力を約束した。

2015.08.14.Fri.22:55

2015年8月7日 朝日新聞の記事より引用
『沖縄振興予算3千億円「最大限努力」 首相、知事と会談
泗水康信、星野典久2015年8月7日23時18分

[PR]
 安倍晋三首相は7日、首相官邸で翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画をめぐり、1カ月の作業中断と集中協議が決まってから初の会談。首相は「議論が深まってほしい」と述べ、翁長氏も協議への意欲を見せた。10日からの中断期間は政府、県ともに思惑を抱えながらの「休戦」となる。
特集:沖縄はいま
特集:辺野古移設
 会談では、沖縄県側が振興予算を要望。菅義偉官房長官や安慶田(あげだ)光男副知事らが同席する中、翁長氏が「年間3千億円台の(予算)確保を」と求めたのに対し、首相は「最大限努力していく」と応えた。
 会談後、記者団の取材に応じた翁長氏や安慶田氏によると、辺野古移設の作業中断と集中協議の開始については菅氏が説明。翁長氏が「今日までは結論めいた話をしてきたが、背景を話しながら理解が進めばありがたい」と語り、首相も「何回か話をするので、理解を深めてもらいたい」と協議の進展に期待を示したという。
 今春までは、翁長氏が首相や菅氏に会うことが出来ないという関係が続いていた。だが、政府は沖縄県との対話を求める世論に配慮し、このところ柔軟な姿勢を見せている。』


2015年8月7日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/pPKBg


2015年8月7日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6amGZqXGa


2015年8月7日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0814-2252-23/www.asahi.com/articles/ASH8761QQH87UTFK00W.html





2015年8月7日 NHKニュースの記事より引用
『首相と翁長知事 “協議通じて相互理解を”
8月7日 18時44分

安倍総理大臣は、アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って沖縄県と行う集中的な協議を前に、翁長知事と総理大臣官邸で会談し、協議を通じて相互の理解を深めていきたいという考えを示しました。
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って、政府は来週10日から1か月間、工事を中断し、沖縄県と集中的に協議することにしています。
これを前に、安倍総理大臣は7日夕方、総理大臣官邸で翁長知事と会談し、「今日まで角を突き合わせていたが、議論を深めてもらいたい」と述べ、協議を通じて相互の理解を深めていきたいという考えを示しました。
これに対して翁長知事は、「お互い結論ばかりを話してきたが、問題の背景も含めて話し合いながら理解が進めばありがたい」と応じました。
また会談では、翁長知事が来年度・平成28年度の沖縄振興予算について、今年度と同様に3000億円台の確保を要請し、安倍総理大臣も最大限努力する考えを示しました。
翁長知事は会談のあと記者団に対し、政府との協議について「歴史や抑止力について、これまでしっかり議論したことがない。地政学的なことも含めて、政府がどう考えているのか、こちらがどう考えているかという話をしていきたい」と述べました。』



2015年8月7日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/gje9U
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。