スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(TPPの妥結によって域内のワインの取引が)世界の貿易総量の40%程度になり、世界最大の貿易圏がひとつできあがることになる。長い目でこういったものができあがることは、国益にそうことは間違いない。交渉ごとなので、こちらの都合のいい話だけでいくわけではない。われわれとしては中長期的にみて、間違いないものとして(ワインの段階的な関税撤廃を)進めていかなければならないものと考える」by麻生太郎

2015.07.30.Thu.17:00
2015年7月28日 ロイターの記事より引用

ワイン関税の段階的撤廃、中長期的に国益に沿う=麻生財務相
2015年 07月 28日 09:52 JST
[東京 28日 ロイター] - 麻生太郎財務相は28日の閣議後の会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、ワインの関税の段階的な撤廃案が浮上していることについて、中長期的に国益に沿うことは間違いないと述べ、支持する考えを示した。

麻生財務相は「世界の貿易総量の40%程度になり、世界最大の貿易圏がひとつできあがることになる」とし、「長い目でこういったものができあがることは、国益にそうことは間違いない」と指摘。「交渉ごとなので、こちらの都合のいい話だけでいくわけではない」としながらも、「われわれとしては中長期的にみて、間違いないものとして進めていかなければならないものと考える」と語った。』



2015年7月28日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/WzBgK


2015年7月28日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6aOwrcafC


2015年7月28日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0730-1458-22/jp.reuters.com/article/2015/07/28/idJPL3N10761R20150728




2015年7月27日 ロイターの記事より引用
『TPP交渉、今回まとめるのがぎりぎり カナダも意欲=甘利担当相
2015年 07月 27日 22:55 JST
[東京 27日 ロイター] - 甘利明・環太平洋連携協定(TPP)担当相は27日、米ハワイ州で開かれるTPP閣僚会合に出発する前、記者団に対し、今回の閣僚会合で大筋合意をまとめるのが「ぎりぎりであり、ベストのタイミング」だと述べた。
また、交渉の準備が遅れているとされているカナダについて「かなりの準備をして臨んでいるようだ。事務折衝では、今回の閣僚会議でまとめるという意欲は感じられる、と報告を受けている」と協議の進展に期待を示した。
そのうえで、今回でまとめられると思うかとの質問に「私はそう思うし、そう思っている国が全てだと思う」と答えた。
TPP交渉は、参加12カ国の首席交渉官会合が22日からハワイ州マウイ島で行われている。
閣僚会合は28日から開かれ、31日午後1時30分(日本時間:8月1日午前8時30分)に共同記者会見が行われる予定。
(宮崎亜巳)』



2015年7月27日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/mFZUD


2015年7月27日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6aOxRKfA3


2015年7月27日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0730-1507-10/jp.reuters.com/article/2015/07/27/idJPL3N1074U220150727



2015年7月27日 ロイターの記事より引用
『TPP首席会合、新薬特許など議論 大筋合意で終わる可能性も
 2015年 07月 27日 12:05 JST
[ワシントン 26日 ロイター] - 米ハワイ州マウイ島で開かれている環太平洋連携協定(TPP)の首席交渉官会合では、新薬特許の保護期間や国有企業の優遇措置などの残された議案について、28日からの閣僚会合に向け大詰めの交渉が続いている。
TPP参加12カ国の閣僚会合は28日から開かれ、31日午後1時30分(日本時間:8月1日午前8時30分)から共同記者会見が行われる予定。
甘利明TPP担当相は今回の閣僚会合について「TPPの命運を左右する極めて重要な会合だ」と発言。「(各国が)最後の閣僚会合にしなければならないと思って臨んでいく」との見方を示した。
一方、カナダのファスト国際貿易相は、今回の会合での合意に慎重な見方を表明。カナダはこれまで乳製品の輸入拡大を受け入れておらず、各国との交渉が遅れている。
今回の会合で合意できない場合、すでに日程が立て込んでいるなかで、大統領選を来年に控えた米議会による年内のTPP案承認が難しくなる可能性は強まる。
米国商工会議所国際部のタミ・オバービー・アジア担当副会長は、今回の閣僚会合の成功を楽観視しているとしつつも、合意に達しない場合は交渉の勢いを持続することは非常に難しくなると指摘した。
ある米政府当局者は、今回の会合で合意できない場合は交渉を継続するとしている。
TPP交渉参加国の一部当局者は、交渉官や閣僚の会合で31日までに具体的な合意がなされるか疑問視している。今回は大筋合意で決着し、詳細を今後詰めることも選択肢として考えられる。』


2015年7月27日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/n76kd


2015年7月27日 ロイターの該当記事のアーカイブ(webcite)
http://www.webcitation.org/6aOxuSWlw


2015年7月27日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0730-1514-26/jp.reuters.com/article/2015/07/27/trade-tpp-idJPKCN0Q106F20150727




2015年7月29日 ロイターの記事より引用
『UPDATE 1-TPP閣僚会合開幕、大筋合意目指す目標共有=甘利担当相
2015年 07月 29日 16:20 JST
(内容を追加しました)
[ラハイナ(米ハワイ州) 28日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)交渉は28日午後、閣僚全体会合を開いた。甘利明TPP担当相は、日米2国間協議と閣僚全体会合後に記者団に対し、日米交渉は合意に至っておらず、まだ複数回協議する必要があるとの認識を示した。
甘利担当相は、28日午後に開かれた閣僚全体会合では、「今回の会合で大筋合意を目指すとの目標が共有された」と述べた。2国間の市場アクセスや知的財産権の問題など、残された課題を解決しなければならないとの点も共通認識として確認した。   
全体会合に先立って行われた日米閣僚協議では、残された論点について議論を行ったが合意には至らず、引き続き今回の閣僚会合期間中に複数回にわたり協議する見込みだという。日米協議ではコメの輸入枠拡大の規模、自動車・自動車部品の関税に関する交渉が続いている。   
28日午後に行ったニュージーランドとの2国間協議では、バターの低関税での輸入拡大について協議したものの、「非常に厳しい状況。議論を通じてニュージーランドも少し検討を深めているが、引き続き話し合おうということになった」とした。   
オーストラリアのロブ貿易相がロイターのインタビューで「為替操作に関する閣僚のフォーラムを設置するとの米国提案についてTPP参加国が検討する」と述べたことに関連して日本の立場を問われ、甘利担当相は「為替の問題をTPPで取り扱うことはない。IMF(国際通貨基金)、G20通貨当局の間で議論される課題だと思っている」とだけ答えた。   
甘利担当相は、29日にベトナム、シンガポール、マレーシア、メキシコと2国間協議を行うと明らかにした。 (宮崎亜巳)』


【管理人:注】
上述のロイターの記事の中の『オーストラリアのロブ貿易相』とは、『アンドリュー・ロブ貿易・投資大臣』のことを意味しています。


2015年7月29日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/9yeJM


2015年7月29日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6aOyTqY8S


2015年7月29日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0730-1523-06/jp.reuters.com/article/2015/07/29/idJPL3N1092NH20150729
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。