スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「攻撃国に意思が全くないかどうかは推測しなければいけない。(集団的自衛権行使が可能となる)新3要件に該当するか否かは、攻撃国の意思や対応、推移などを総合的に判断するが、意思については形式上、日本を攻撃する意図はないと隠していることもある。」by安倍晋三

2015.07.29.Wed.17:05
2015年7月28日 共同通信の記事より引用
『攻撃意思を推測し行使と首相 集団的自衛権、参院特別委で

 参院平和安全法制特別委で答弁する安倍首相=28日午後
 安倍晋三首相は28日の参院平和安全法制特別委員会で、米国などを攻撃した国が日本への攻撃意思を表明していなくても、意思の有無を推測し集団的自衛権の行使に踏み切る場合があるとの認識を示した。「攻撃国に意思が全くないかどうかは推測しなければいけない」と述べた。6月に衆院特別委でも同様の考えを示している。
 質問した民主党の大塚耕平氏は「場合によっては日本が先制攻撃することになる」と批判した。
 首相は、安全保障関連法案が成立すれば可能になる集団的自衛権の行使の判断をめぐり「攻撃国の意思や能力などを総合的に判断する。攻撃の意図を隠していることもある」と指摘した。
2015/07/28 17:43 【共同通信】』


【管理人:注】
本記事に関しては、共同通信によって現在は全く別の当たり障りのない礒崎陽輔首相補佐官の解任拒否に関する記事に差し替えられております。なお差し替えられた理由は不明です。



2015年7月28日 共同通信の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/IYPC8

差し替えられる前に、このアーカイブしか取ることが出来ませんでした。


差し替え後の記事を以下に引用します。
2015年7月28日 共同通信の記事より引用
『首相、礒崎補佐官更迭応じず 法的安定性で応酬、参院安保委

 安倍晋三首相は28日の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案をめぐり法的安定性を軽視したとも受け取れる発言をした礒崎陽輔首相補佐官について、民主党からの更迭要求に応じなかった。礒崎氏発言について「憲法との関係とともに、わが国を取り巻く安保環境の変化を十分に踏まえる必要があるとの認識を示した発言だ」と説明した。民主党は集団的自衛権の行使容認が「法的安定性を損なう」と批判を強め、首相らと応酬を繰り広げた。

 礒崎氏が法的安定性に言及したことを受け、歴代政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を容認した憲法解釈変更の正当性が、あらためて焦点となった。

2015/07/28 20:24 【共同通信】』


2015年7月28日 共同通信の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/CmdAL



【同一主旨の他の報道機関による報道】

2015年7月28日 毎日新聞の記事より引用
『集団的自衛権:攻撃意思表明なしで行使可能 首相見解
毎日新聞 2015年07月28日 21時57分(最終更新 07月28日 22時12分)

 安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は28日、安倍晋三首相が出席し総括的質疑を行い、実質審議入りした。首相は集団的自衛権行使の判断について「(行使が可能となる)新3要件に該当するか否かは、攻撃国の意思や対応、推移などを総合的に判断するが、意思については形式上、日本を攻撃する意図はないと隠していることもある」と述べ、対象国が攻撃の意思を表明していない段階でも行使は可能との見解を示した。

 首相は関連法案について「憲法との関わり、国際情勢についてなかなか複雑に絡み合い、まだまだご理解を十分にいただいていない」と指摘。「乱暴なことをしていいとは全く思っていない。国民の理解が得られるよう更に謙虚に努力を続けたい」と理解を求めた。

 民主党の福山哲郎氏は集団的自衛権の限定行使を、歴代法制局長官が過去の国会答弁で「否定している」と追及。1981年の衆院法務委員会で、当時の角田礼次郎内閣法制局長官が、外国への武力攻撃が日本の安全に間接的な影響がある場合の集団的自衛権も「行使できない」と答弁したことなどを紹介し、「戦後70年の(憲法の)法的安定性を崩す。憲法を改正して国民に堂々と国際環境の変化を訴えるべきだ」と主張した。

 首相は「閣議決定以前はフルスペック(全部)の集団的自衛権のみについて答弁している」と述べ、政府が限定容認を否定したことはないとの認識を示した。

 礒崎陽輔首相補佐官が関連法案に関し「法的安定性は関係ない」と発言したことについては、首相は「法的安定性を確保することは当然であり、そこに疑念を持たれるような発言は厳に慎まなければならない」と苦言を呈した。【飼手勇介、小田中大】』


2015年7月28日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/m1OtS


2015年7月28日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6aNVCKJ27


2015年7月28日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0729-1609-17/mainichi.jp/select/news/20150729k0000m010135000c.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。