スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(安全保障関連法案に関しては、衆議院本会議での可決によって)重要な節目を一つ越えたが、(安全保障関連法案に対する)国民の理解が進んでいないことは、残念ながら認めざるをえない。 参議院で早く審議に入り、間違っても『60日ルール』を使わざるをえないということにならないよう、熟議をして結論を出してほしい」by高村正彦

2015.07.19.Sun.21:10
2015年7月18日 NHKニュースの記事より引用
『安保法案 高村副総裁“国民の理解進んでいない”
7月18日 18時00分

自民党の高村副総裁は、東京都内でNHKの取材に対し、今の国会で最大の焦点となっている安全保障関連法案について、「国民の理解が進んでいないことは認めざるをえない」としたうえで、参議院でも可決して、早期の成立を目指す考えを強調しました。
この中で自民党の高村副総裁は、安全保障関連法案が16日に衆議院を通過したことに関連して、「重要な節目を一つ越えたが、国民の理解が進んでいないことは、残念ながら認めざるをえない」と述べました。
そのうえで高村氏は、「参議院で早く審議に入り、間違っても『60日ルール』を使わざるをえないということにならないよう、熟議をして結論を出してほしい」と述べ、安全保障関連法案を参議院でも可決して、早期の成立を目指す考えを強調しました。
また高村氏は、17日に安倍総理大臣が、新しい国立競技場の整備計画を見直す方針を表明したことについて、「いい決断だ。いちばん大切なことは、責任論を議論することではなく、国民に支持され喜ばれる国立競技場を、東京オリンピック・パラリンピックに間に合うように作り上げることだ」と述べました。』



2015年7月18日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/tpLfg


2015年7月18日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6a8a9nPel


2015年7月18日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0719-2101-19/www3.nhk.or.jp/news/html/20150718/k10010158461000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。