スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私どもが提出している法案がベストだと考えているが、国民の命や平和な暮らしを守るために何が必要かという真摯な議論が行われ、批判にさらされることも起こりうるリスクを取って、(維新の党が)法案をまとめたことに敬意を表したい。この委員会で、まさに並んで、どちらの法律がよいかしっかりとご議論をいただければと思う。(維新の党の)基本的な考え方は、自国防衛のための自衛権行使や、日米安保を基軸に東アジアの平和と安全に責任を持つということだと承知している。厳しい安全保障環境を踏まえた政策の大きな方向性は、一致している部分もあるのではないか。政府案と共に国民の皆様の前で議論を深めることで、理解が深まる。(武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」に対処するための「領域警備法案」に関しては、)自衛隊が平時から海上保安庁と共に警察権を行使するということだが、相手の海の法執行組織と自衛隊の艦船が、いきなり対じする現象が起こると、いわば『警察対警察』から『警察対ミリタリー』に、こちらがエスカレートさせていく危険性もはらむのではないか。そういう口実を与える可能性もあるのではないかと思う」by安倍晋三

2015.07.08.Wed.22:43
2015年7月3日 NHKニュースの記事より引用
『首相 維新対案「大きな方向性 一致部分も」
7月3日 18時55分

安倍総理大臣は、安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会で、維新の党の対案について、大きな方向性は政府案と一致している部分もあるとして、国会審議を通じて政府案に対する国民の理解も深めていきたいという考えを示しました。
このなかで、民主党の長島・元防衛副大臣は、安全保障関連法案について「自民党内のごたごたもあり、国民の皆さんの理解が思いのほか進んでおらず、深まっていないのではないか」と指摘しました。
これに対し安倍総理大臣は、「国民の皆様の理解が進んでいないことは、大変残念だ。集団的自衛権の行使に関わるものから、後方支援、PKOに至るものまで幅広く、憲法や国際法との関係、政策的判断が、議論の中で混同しやすいのも事実だ。非常に複雑ではあるが、国民の命と幸せな暮らしを守るために、現下の悪化する安全保障状況では、必要だということを、分かりやすく訴えていきたい」と述べました。
維新の党の下地・元郵政民営化担当大臣は、党がまとめた安全保障関連法案への対案について、「条件が整えば、なんとか来週8日の午前中の段階で委員会に出したいという思いで、『10日に集中審議をやるならば政府と維新の党の案で徹底的に議論してみろ』というのが私たちの考え方だ」と述べました。
これに対し安倍総理大臣は、「私どもが提出している法案がベストだと考えているが、国民の命や平和な暮らしを守るために何が必要かという真摯(しんし)な議論が行われ、批判にさらされることも起こりうるリスクを取って、法案をまとめたことに敬意を表したい。この委員会で、まさに並んで、どちらの法律がよいかしっかりとご議論をいただければと思う」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は、「基本的な考え方は、自国防衛のための自衛権行使や、日米安保を基軸に東アジアの平和と安全に責任を持つということだと承知している。厳しい安全保障環境を踏まえた政策の大きな方向性は、一致している部分もあるのではないか。政府案と共に国民の皆様の前で議論を深めることで、理解が深まる」と述べました。
一方、安倍総理大臣は、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」に対処するための「領域警備法案」について、「自衛隊が平時から海上保安庁と共に警察権を行使するということだが、相手の海の法執行組織と自衛隊の艦船が、いきなり対じする現象が起こると、いわば『警察対警察』から『警察対ミリタリー』に、こちらがエスカレートさせていく危険性もはらむのではないか。そういう口実を与える可能性もあるのではないかと思う」と述べ、否定的な考えを示しました。
共産党の赤嶺・安全保障部会長は、自民党の勉強会で沖縄の地元紙など報道機関を批判する意見が相次いだ問題について、「沖縄県民の民意を無視し、問答無用で基地建設を強行してきたのが、政府・自民党だ。事実をゆがめて県民を侮辱したことが問題で、そこが問題の中心だという認識はないのか」とただしました。
これに対し安倍総理大臣は、「自民党は一貫して沖縄の皆様の思いに寄り添いながら、基地負担の軽減や沖縄の振興に力を尽くしてきた。しかし、今回のさまざまな発言が党のそうした姿勢に疑義を抱かせ、政権を負託してくださった国民の皆様の信頼を大きく損なう結果となった。そのことについて今回関係者を処分したが、党を率いる総裁として国民の皆様に心からおわびを申し上げたい」と述べました。』



2015年7月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/pFITa



2015年7月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ZryDSAa3



2015年7月3日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0708-2239-22/www3.nhk.or.jp/news/html/20150703/k10010137881000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。