スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本とメコン川流域のカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5か国による「日・メコン首脳会議」は東京・元赤坂の迎賓館で行われ、安倍晋三総理大臣は日本政府として今後3年間で7500億円規模のODA=政府開発援助を行うと表明した。

2015.07.04.Sat.23:15
2015年7月4日 NHKニュースの記事より引用
『日・メコン首脳会議 7500億円規模ODAへ
7月4日 11時35分

日本と東南アジアのメコン川流域の5か国による首脳会議が4日、東京・元赤坂の迎賓館で行われ、日本として今後3年間で7500億円規模のODA=政府開発援助を行うことを明記する一方で、中国が、南シナ海への海洋進出を活発にしていることを念頭に、最近の動向に懸念を示した「新東京戦略」を発表しました。
日本とメコン川流域のカンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5か国による「日・メコン首脳会議」は東京・元赤坂の迎賓館で行われ、安倍総理大臣とメコン地域の5か国の首脳は、会議の成果などを盛り込んだ「新東京戦略」を発表しました。
この中では、ASEAN=東南アジア諸国連合が、ことしの年末までに経済共同体を発足させることを踏まえ、メコン地域の安定や「質の高い成長」のため、日本として今後3年間で7500億円規模のODAを行うとしています。
一方、中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で浅瀬を埋め立てて、滑走路などを建設している問題を念頭に、「状況をさらに複雑にし、地域の平和や安定を損ないうる」として、最近の動向に懸念を示し、航行の自由や、国際法に従い紛争を平和的に解決する必要性を指摘しています。
また5か国は、日本の戦後70年の平和国家としての歩みを高く評価し、「積極的平和主義」のもと日本がメコン地域の安定と発展により一層積極的に貢献していくことに期待を示しています。
安倍総理大臣は共同記者発表に臨み、「会議では、南シナ海情勢における最近の動向に関する懸念が表明された。私からは現在、審議中の『平和安全法制』は、国際社会の平和と安定に一層貢献するためのものだと説明した。今後とも、日本は『積極的平和主義』のもと、メコン地域の平和と安定に貢献していく」と述べました。』




2015年7月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/UE7xQ


2015年7月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ZluwsoAv



2015年7月4日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0704-2314-23/www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138601000.html




【関連報道】
2015年7月3日 NHKニュースの記事より引用
『首相 ミャンマーの経済発展支援を強調
7月3日 21時39分

安倍総理大臣は3日、東京都内で開かれたミャンマーの地場産品を紹介するイベントに、日本を訪れているテイン・セイン大統領とともに出席し、ミャンマーの経済発展を支援していく考えを強調しました。
安倍総理大臣は、4日に開かれる日本と東南アジアのメコン川流域の5か国による首脳会議「日・メコン首脳会議」を前に、参加国の一つ、ミャンマーのテイン・セイン大統領とともに、東京で開かれたミャンマーの伝統的な織物や雑貨などを紹介するイベントに出席しました。
この中で安倍総理大臣は「ミャンマーには多様な伝統文化、風土を基盤とした、魅力あるファッション素材や地場産品がたくさんある。こうした産品をうまく発掘して世界の顧客と結びつければ、ミャンマーの経済、産業は大きく発展する。ミャンマーの文化、社会、経済の発展を応援し続けていきたい」と述べました。
これに対し、テイン・セイン大統領は「ミャンマーの代表的な民芸品など紹介するイベントを開催していただき、ミャンマーを代表してお礼申し上げたい」と述べました。』



2015年7月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/ksrzw


2015年7月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ZlwAQF7d


2015年7月3日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0704-2331-27/www3.nhk.or.jp/news/html/20150703/k10010138101000.html





2015年7月4日 NHKニュースの記事より引用
『最大1000億円の円借款 ミャンマーに供与へ
7月4日 17時18分

安倍総理大臣は日本を訪れているミャンマーのテイン・セイン大統領と会談し、ミャンマーの最大都市・ヤンゴンの老朽化した環状鉄道の改修計画などに、最大でおよそ1000億円の円借款を供与することを伝えました。
安倍総理大臣は、日本と東南アジアのメコン川流域の5か国による首脳会議に出席するため日本を訪れている各国の首脳と、東京・元赤坂の迎賓館で個別に会談しました。
このうちミャンマーのテイン・セイン大統領との会談で、安倍総理大臣は「日本はミャンマーのインフラ整備に加え、女性の活躍や農業、農村も含む地方の発展にも貢献していきたい」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は、ミャンマーの最大都市・ヤンゴンの老朽化した環状鉄道で事故や遅れが頻発していることを踏まえ、鉄道の近代化に向けた改修計画や電力を安定的に供給するための事業などに、合わせて最大でおよそ1000億円の円借款を供与することを伝えました。
また、タイのプラユット暫定首相との会談で安倍総理大臣は、軍の影響力が強い暫定政権が続いていることを念頭に、民主主義を回復させるとともに、安定した政治体制を確立するよう求めました。
これに関連して、安倍総理大臣とミャンマーのテイン・セイン大統領、タイのプラユット暫定首相は、ミャンマー南部のダウェーで計画されている大規模な港湾施設や工業団地をはじめとする経済特区の開発に関する覚書の署名式に臨み、3か国が開発で協力していくことを確認しました。』



2015年7月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/0cU8L


2015年7月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ZlwzUU4N


2015年7月4日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0704-2342-52/www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138811000.html




日本政府による外国への実質的な無償資金援助に関しては、拙ブログの下記のリンク先に示した各エントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1964.html?q=%E8%B3%87%E9%87%91%E6%8F%B4%E5%8A%A9&charset=utf-8
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。