スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私は、憲法の法理そのものについて学者ほど勉強してきた、というつもりはない。だが、最高裁の判決の法理に従って、何が国の存立をまっとうするために必要な措置かどうか、ということについては、たいていの憲法学者より私の方が考えてきたという自信はある。枝野さんがあまり考えてこなかったからといって、他の政治家がそういうことを考えてこなかったと速断するのはどうかと思う。」by高村正彦

2015.06.17.Wed.21:22
2015年6月11日 朝日新聞の記事より引用
『自民・高村氏「たいていの憲法学者より私は考えてきた」
2015年6月11日11時35分

■高村正彦・自民党副総裁

 枝野幸男・民主党幹事長が「高村さんは、司法試験に受かる程度の憲法の勉強はしたと思うが、それ以来憲法学者のように憲法をずっと勉強してきたのか」というようなことを言っていた。私は、憲法の法理そのものについて学者ほど勉強してきた、というつもりはない。だが、最高裁の判決の法理に従って、何が国の存立をまっとうするために必要な措置かどうか、ということについては、たいていの憲法学者より私の方が考えてきたという自信はある。枝野さんがあまり考えてこなかったからといって、他の政治家がそういうことを考えてこなかったと速断するのはどうかと思う。(朝日新聞などの取材に)』



2015年6月11日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/DH1Zs



2015年6月11日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150617121836/http://www.asahi.com/articles/ASH6C3QXTH6CUTFK003.html


2015年6月11日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0617-2118-50/www.asahi.com/articles/ASH6C3QXTH6CUTFK003.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。