スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「砂川判決は、個別的自衛権、または、集団的自衛権の区別をつけずに、わが国が自衛権を有することに言及したうえで、自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛のための措置を取りうることを認めたものだ。(砂川事件最高裁判決では)個別的自衛権、集団的自衛権の両方とも言及はしていないが、集団的自衛権を排除しているものではないと認識している。(集団的自衛権の行使が可能となる武力行使の新3要件に関しては、)砂川判決そのものを根拠としたものではなく、あくまでも、これまでの政府見解の基本的論理から導き出したものだ」by中谷元

2015.06.16.Tue.09:20
2015年6月15日 NHKニュースの記事より引用
『防衛相 砂川判決は集団的自衛権排除せず
6月15日 12時16分

安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会で、中谷防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、昭和34年の砂川事件の最高裁判所の判決は、「わが国が必要な自衛のための措置を取りうることを認めたものだ」としたうえで、集団的自衛権の行使を排除したものではないという認識を示しました。
安全保障関連法案を審議している衆議院の特別委員会は、与党側の国会運営に反発して、前回・先週12日の委員会を欠席した民主党、共産党も出席して、質疑が行われています。
この中で、民主党の寺田副幹事長は、憲法9条の下でも、自衛権は認められるとした昭和34年の砂川事件の最高裁判所の判決について、「『集団的自衛権は合憲だ』とする言及はあるのか」とただしました。
これに対し、中谷防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、「砂川判決は、個別的自衛権、または、集団的自衛権の区別をつけずに、わが国が自衛権を有することに言及したうえで、自国の平和と安全を維持し、その存立を全うするために必要な自衛のための措置を取りうることを認めたものだ」と述べました。
そのうえで、中谷大臣は「個別的自衛権、集団的自衛権の両方とも言及はしていないが、集団的自衛権を排除しているものではないと認識している」と述べました。
一方、中谷大臣は、集団的自衛権の行使が可能となる武力行使の新3要件について、「砂川判決そのものを根拠としたものではなく、あくまでも、これまでの政府見解の基本的論理から導き出したものだ」と述べました。
これに関連して、横畠内閣法制局長官は、「厳密な意味での判例としての法的効力を持つものではないことは、当然の前提で、そのうえで、最高裁判所の権威ある重い判断であるものとして、どのように受け止めるかという問題だ」と述べました。そのうえで、横畠長官は、「新3要件のもとで認められる限定された集団的自衛権の行使は、砂川判決において論じている自衛のための措置を超えるものではなく、同判決にいう自衛権に含まれるというふうに解することが可能だ」と述べました。』



【ご参考】いわゆる砂川事件判決 1959年(昭和34年)12月16日 最高裁 刑集13巻13号3225頁
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/816/055816_hanrei.pdf



2015年6月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/gqFGQ



2015年6月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150616001126/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150615/k10010114951000.html



2015年6月15日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0616-0911-45/www3.nhk.or.jp/news/html/20150615/k10010114951000.html


寺田学(民主党)議員の国会質問 衆議院 平和安全特別委員会 2015年6月15日 1/2



寺田学(民主党)議員の国会質問 衆議院 平和安全特別委員会 2015年6月15日 2/2



安全保障法案に関する他の閣僚の発言等に関しては、以下のリンク先に示した拙ブログの各エントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/?q=安全保障&charset=utf-8

http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1938.html?q=砂川&charset=utf-8
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1938.html?q=集団的自衛権&charset=utf-8
http://politicalarchive.blog.fc2.com/blog-entry-1938.html?q=自民党憲法&charset=utf-8
http://politicalarchive.blog.fc2.com/?q=憲法&page=1



【ご参考】
2015年6月15日 NHKニュースの記事より引用
『長谷部教授「政府の主張は不当」
6月15日 19時04分

今月4日の衆議院憲法審査会の参考人質疑で安全保障関連法案について「憲法9条に違反している」と述べた早稲田大学の長谷部恭男教授が、15日、日本記者クラブで会見し「砂川事件の最高裁判決から集団的自衛権の行使が合憲だとする政府の主張は不当だ」と述べました。
長谷部教授は「憲法9条のもとでも固有の自衛権は否定されない」などと指摘した昭和34年の砂川事件の最高裁判決について「この裁判で問題となったのは日米安全保障条約の合憲性であって、日本の集団的自衛権は全く争点になっていない。この判決から集団的自衛権の行使が合憲だとする政府の主張は法律学に衝突する考えだ。国民を愚弄していると私は思う」と強く批判しました。そのうえで「今回の法案は数多くの重大な欠陥があるのでただちに撤回すべきだ」と主張しました。
また、同じ参考人質疑に出席した慶應義塾大学の小林節名誉教授も「当時は日本が占領から解放されたばかりで、個別的自衛権があるかないかの議論がなされていた。集団的自衛権などは当時の時代背景として問われていない。この判決を集団的自衛権の根拠としたことに驚いている」と述べました。』



2015年6月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/x7NRG


2015年6月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Webcite)
http://www.webcitation.org/6ZJlTUm5C



2015年6月15日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150616015524/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150615/k10010115321000.html


2015年6月15日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0616-1055-36/www3.nhk.or.jp/news/html/20150615/k10010115321000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。