スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最高裁判所が違憲判決を出せば、その内容にもよるが、その法律は変えないといけないというのが憲法上のルールだ」by礒崎陽輔

2015.06.13.Sat.13:15
2015年6月11日付 NHKニュースの記事より引用
『「最高裁違憲判断なら法改正必要」首相補佐官
6月11日 16時48分

国家安全保障担当の礒崎総理大臣補佐官は東京都内で記者団に対し、安全保障関連法案について、憲法解釈の基本的な論理の枠内にあり、憲法違反にはあたらないとしたうえで、法案成立後に、仮に最高裁判所が違憲と判断すれば、法改正が必要になるという認識を示しました。
この中で、国家安全保障担当の礒崎総理大臣補佐官は、先週の衆議院憲法審査会で3人の学識経験者全員が、安全保障関連法案は「憲法違反にあたる」という認識を示したことについて、法案は憲法解釈の基本的な論理の枠内にあり、憲法違反にはあたらないという考えを示しました。
そのうえで礒崎氏は、記者団が「今回の法案が成立したあと違憲判決が出たらどうするのか」と質問したのに対し、「最高裁判所が違憲判決を出せば、その内容にもよるが、その法律は変えないといけないというのが憲法上のルールだ」と述べ、仮に最高裁判所が違憲と判断すれば法改正が必要になるという認識を示しました。』




2015年6月11日付 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/p03ww



2015年6月11日付 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150613041232/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150611/k10010111021000.html



2015年6月11日付 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0613-1312-44/www3.nhk.or.jp/news/html/20150611/k10010111021000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。