スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(安全保障関連法案に関しては、)違憲性の問題は無いが、法制に対する批判的な議論も、ある意味で強くなってきている。『大学の先生が違憲と言っているのか』という受け止めが(党内で)ないわけではない。まずは党の支持者に対して、心配はなく、憲法と論理を踏まえていることをきちんと丁寧に説明し、反論すべきは反論し、理解してもらわなければならない」by谷垣禎一

2015.06.10.Wed.06:22

2015年6月9日 NHKニュースの記事より引用
『谷垣氏 安保関連法案で理解促すよう指示
6月9日 15時44分

自民党の谷垣幹事長は記者会見で、安全保障関連法案を巡って、党所属議員や地方組織などに対し、街頭演説や集会を行って、法案がこれまでの憲法解釈の基本的な論理などを踏まえていることを説明し、国民の理解を促すよう指示したことを明らかにしました。
この中で、谷垣幹事長は、安全保障関連法案を巡って、衆議院憲法審査会の参考人質疑で、出席した学識経験者全員が「憲法違反にあたる」という認識を示したことに関連し、「違憲性の問題は無いが、法制に対する批判的な議論も、ある意味で強くなってきている。『大学の先生が違憲と言っているのか』という受け止めがないわけではない」と述べました。
そして、谷垣氏は、「まずは党の支持者に対して、心配はなく、憲法と論理を踏まえていることをきちんと丁寧に説明し、反論すべきは反論し、理解してもらわなければならない」と述べたうえで、党所属議員や地方組織などに対し、街頭演説や集会を行って、法案がこれまでの憲法解釈の基本的な論理などを踏まえていることを説明し、国民の理解を促すよう指示したことを明らかにしました。』



2015年6月9日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/ReeVH



2015年6月9日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150609211825/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150609/k10010108201000.html



2015年6月9日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0610-0618-41/www3.nhk.or.jp/news/html/20150609/k10010108201000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。