スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(基礎的財政収支の9.4兆円の赤字の解消に関しては)必ずしも全部を歳出カットでやるわけではない。歳出カットの仕方によっては、そこから税収が生まれてくることも言える」by甘利明

2015.06.09.Tue.05:52

2015年6月8日 ロイターの記事より引用
『UPDATE 1-成長重視で財政健全化、甘利再生相「歳出カットで税収増も」
2015年 06月 8日 15:37 JST

(内容を追加しました)

[東京 8日 ロイター] - 甘利明経済再生相は8日、政府が6月末までに取りまとめる財政健全化計画について、2020年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の黒字化は、成長重視で達成するとの姿勢を強調した。高い成長率が続いた場合でも、同年度のPB赤字は9.4兆円残るとされるが、甘利再生相は「税収がより伸びればその幅は小さくなる」と指摘した。

財政再建に向けた議論は、政府の経済財政諮問会議(議長、安倍晋三首相)を中心に行われており、9.4兆円の赤字をどう解消していくかが焦点となっている。甘利氏は「必ずしも全部を歳出カットでやるわけではない。歳出カットの仕方によっては、そこから税収が生まれてくることも言える」と述べた。

また、環太平洋連携協定(TPP)については、日米間の大きな山は越えたとし、「何としてもまとめる」と意欲を示した。妥結に向けたカギは、米国の大統領貿易促進権限(TPA)法案が可決されるかどうかだとした。 (梅川崇)』



2015年6月8日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/HmhwN


2015年6月8日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150608204013/http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0YU2H620150608


2015年6月8日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0609-0540-26/jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0YU2H620150608
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。