スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「極めて残念だが、今この瞬間も、南シナ海で大規模な埋め立てや滑走路の建設が急速に進められている。東シナ海でも現状変更を試みる動きがあり、日本を含め周辺諸国は不安を抱いている。日本は、アジア太平洋地域の平和と安定を崩そうとするいかなる試みにも反対する。われわれにはこの地域の平和と安定を未来に託すため、圧力ではなく、対等の立場から協力して未来を切り開いていく責任があり、中国を含む各国が、責任ある立場でふるまうことを期待したい」by中谷元

2015.05.31.Sun.13:07

2015年5月30日 NHKニュースの記事より引用
『中谷防衛相 国際会議で中国を名指しでけん制
5月30日 12時05分

シンガポールを訪問している中谷防衛大臣は、各国の防衛相らが参加する国際会議で演説し、中国が海洋進出を活発化させていることについて、「日本を含め周辺諸国は不安を抱いている」と指摘したうえで、「責任ある立場でふるまうことを期待したい」と述べ、中国を名指しでけん制しました。
シンガポールを訪問している中谷防衛大臣は日本時間の30日午前、各国の防衛相らが参加するアジア安全保障会議に出席し、演説を行いました。
この中で中谷大臣は、中国が南シナ海や東シナ海で海洋進出を活発化させていることについて、「極めて残念だが、今この瞬間も、南シナ海で大規模な埋め立てや滑走路の建設が急速に進められている。東シナ海でも現状変更を試みる動きがあり、日本を含め周辺諸国は不安を抱いている」と指摘しました。
そのうえで中谷大臣は「日本は、アジア太平洋地域の平和と安定を崩そうとするいかなる試みにも反対する。われわれにはこの地域の平和と安定を未来に託すため、圧力ではなく、対等の立場から協力して未来を切り開いていく責任があり、中国を含む各国が、責任ある立場でふるまうことを期待したい」と述べ、中国を名指しでけん制しました。』



2015年5月30日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/AOydb



2015年5月30日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150531040343/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150530/k10010096741000.html


2015年5月30日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0531-1303-55/www3.nhk.or.jp/news/html/20150530/k10010096741000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。