スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三首相は、2015年5月28日の安全保障関連法案に関する衆議院特別委員会で、民主党の辻元清美氏に「早く質問しろよ」と命令口調でやじを飛ばし、審議を中断させている。

2015.05.31.Sun.07:39

2015年5月29日 東京新聞の記事より引用
『【政治】
早く質問しろよ! 首相、辻元氏にヤジ 審議中断
2015年5月29日 朝刊

 安倍晋三首相は二十八日の安全保障関連法案に関する衆院特別委員会で、民主党の辻元清美氏に「早く質問しろよ」とやじを飛ばし、審議を中断させた。首相が命令口調で野党議員にやじを飛ばすのは極めて異例。質疑再開後に謝罪したが、野党は納得しなかった。 (安藤恭子)
 審議で、辻元氏が中東・ホルムズ海峡での機雷掃海を取り上げ「機雷掃海に行くことで、日本がテロに狙われることにつながりかねない」と、自衛隊による機雷掃海が軍事作戦とみなされ、テロを誘発する恐れを指摘していると、首相はいら立ったように「早く質問しろよ」と声を上げ、議場が騒然となった。その後、首相は「辻元議員が延々と自説を述べて、私に質問しないから、早く質問したらどうだと言った」と理由を説明。「言葉が過ぎたとすれば、おわび申し上げたい」と謝罪した。
 辻元氏は終了後、記者団に「がくぜんとした。国民の命の問題を質問していたさなかの発言で、怒りというより、一国の首相として悲しくなった」と語った。
 首相は二十七日の審議では、答弁の長さを野党から批判された。二十八日の審議では、浜田靖一委員長(自民)から「国民に分かりやすい簡潔な答弁を」と注意され、簡潔な答弁に「留意する」と述べた。
 首相は二月の衆院予算委員会で、日教組についてのやじを批判され「日教組は補助金をもらっていて、日本教育会館から献金をもらっている議員が民主党にいる」と答弁。その後、正確性を欠く発言だったとして訂正したことがある。』



2015年5月29日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/2GaGw


2015年5月29日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150530223420/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015052902000134.html


2015年5月29日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0531-0734-31/www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015052902000134.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。