スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三総理は、福島県で開かれている「太平洋・島サミット」の首脳会議で演説し、南太平洋の島しょ国に対し、気候変動や自然災害への対策に今後3年間で550億円以上の支援を行っていく方針を表明した。

2015.05.24.Sun.03:56

2015年5月23日 NHKニュースの記事より引用
『太平洋・島サミット 首相が550億以上の支援表明
5月23日 10時41分

安倍総理大臣は福島県で開かれている「太平洋・島サミット」の首脳会議で演説し、南太平洋の島しょ国に対し、気候変動や自然災害への対策などに今後3年間で550億円以上の支援を行っていく方針を表明しました。
福島県いわき市で開かれている「太平洋・島サミット」は2日目の23日、日本と南太平洋の16の国の首脳らが参加して首脳会議が開かれ、安倍総理大臣が基調演説を行いました。
この中で、安倍総理大臣は「これまでの70年の歩みの上に、国際協調主義に基づきながら世界に平和をもたらす積極的な働き手となろうとする私たちの誓いが、これまで同様、温容に迎えられることを信じている」と述べ、日本の平和国家としての歩みを強調し、みずからが掲げる「積極的平和主義」への理解を求めました。
また、近年、海洋進出を強める中国を念頭に、「私たちは民主主義を大切にし、一人一人の人権を重んじながら法の前に平等を誓い、力による威嚇や力の行使とは無縁の関係を持つべきだ」と述べ、日本との連携を呼びかけました。
そして、安倍総理大臣は、この地域が影響を受けやすい気候変動や自然災害への対策などを中心に今後3年間で550億円以上の支援を行っていく方針を表明しました。
また、この地域の人材育成のために、およそ4000人規模で日本との人材交流を行っていく考えも表明しました。
その一方で、安倍総理大臣は島しょ国側に対し、太平洋戦争中に亡くなった日本人の戦没者の遺骨収集への協力や、日本が目指す国連の安全保障理事会の改革への支援を要請しました。
「太平洋・島サミット」は23日午後、議論の成果をまとめた「福島・いわき宣言」を採択し、安倍総理大臣が共同議長を務めるパラオのレメンゲサウ大統領とそろって発表することにしています。』



2015年5月23日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/FBOMb


2015年5月23日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150523185359/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150523/k10010089271000.html


2015年5月23日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0524-0354-10/www3.nhk.or.jp/news/html/20150523/k10010089271000.html



【あくまで参考】

2015年5月21日 NHKニュースの記事より引用
『首相 アジアで13兆円規模のインフラ投資へ
5月21日 20時26分

安倍総理大臣は21日夜、アジア各国の政財界の代表らが参加した会合で講演し、アジアの膨大なインフラ需要に応えるため、ADB=アジア開発銀行と連携して、今後5年間で総額13兆円規模のインフラ投資を推進していく考えを明らかにしました。
この中で安倍総理大臣はアジア地域へのインフラ投資について、「短期的なリスクに対し、必要以上に現地政府に支払い保証を求めるやり方がまかり通ってきたが、そうした慣習を変えていく」と述べました。
そのうえで安倍総理大臣は「長い目で見て、質の高いインフラをアジアに広げていきたい。アジアには毎年100兆円にも上る旺盛なインフラ需要があり、質も量も二兎(にと)を追う野心的なチャレンジこそ、アジアには似合う」と述べました。
そして、安倍総理大臣は「日本は、ADB=アジア開発銀行と連携しながら、5年間で総額およそ1100億ドル、13兆円規模のインフラ資金をアジアに提供していく」と述べました。
安倍総理大臣には、中国が設立を提唱するAIIB=アジアインフラ投資銀行への参加は慎重に検討していく一方で、質の高いインフラ投資の推進によって、アジアの持続的な発展に一層、貢献していく姿勢を強調するねらいがあるものとみられます。』


2015年5月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/xhVab



2015年5月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150521171526/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010087511000.html


2015年5月21日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0522-0215-36/www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010087511000.html




【日本政府による他国政府に対する無償資金援助に関する他の報道】
2015年5月21日 NHKニュースの記事より引用
『パプアニューギニアに防災対策で3億円支援へ
5月21日 20時26分

安倍総理大臣は、日本を訪れているパプアニューギニアのオニール首相と会談し、地震や津波などの防災対策に充てるため、パプアニューギニアに対し、新たにおよそ3億円の無償資金協力を実施することを伝えました。
パプアニューギニアのオニール首相は、22日から福島県いわき市で開かれる「太平洋・島サミット」に出席するため日本を訪れていて、21日、安倍総理大臣と東京都内で会談しました。
会談の冒頭、安倍総理大臣が「『太平洋・島サミット』をともに成功させ、日本と太平洋諸国の新たなパートナーシップを築きたい」と述べたのに対し、オニール首相は「『太平洋・島サミット』でよい結果が生まれることを楽しみにしている」と応じました。
会談で安倍総理大臣は、地震や津波などの防災対策に充てるため、新たにおよそ3億円の無償資金協力を実施することや、パプアニューギニア国内の空港の滑走路などの整備のため、270億円規模の円借款の供与を検討していることを伝え、オニール首相は日本の支援に謝意を示しました。
そして、両首脳は投資や人的交流などを促進していくことや、国連の安全保障理事会の改革で協力していくことで一致しました。』



2015年5月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/kDvee


2015年5月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150521172122/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010087441000.html


2015年5月21日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0522-0221-33/www3.nhk.or.jp/news/html/20150521/k10010087441000.html



外国のインフラ建設の無償支援に関する他の報道に関しては、以下のリンク先に示した拙ブログの他のエントリーをご参照下さい。
http://politicalarchive.blog.fc2.com/?q=無償支援&charset=utf-8

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。