スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自衛隊員はこれまでも災害派遣などで非常に厳しい任務を負ってきており、法整備による任務のリスクは従来と同様のものだ。今回、新たに任務は増えるが、リスクを軽減する措置はしっかりと規定しており、増大することはない。法整備によって日米同盟などの抑止力は確実に高まると考えており、それにより得られる効果は、リスクよりもはるかに大きい。抑止力で隊員の安全性も高まる。武力行使の目的を持って、武装した部隊を他国の領域に派遣する海外派兵は一般に禁止される。そのうえで、他国の領域で武力行使の新3要件に該当するものがあれば、憲法上の理論としては許されないわけではない」by中谷元

2015.05.23.Sat.22:17

2015年5月22日 NHKニュースの記事より引用
『中谷大臣「自衛隊員のリスク高まらず」
5月22日 12時04分

中谷防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、閣議後の記者会見で、安全保障法制の整備について、自衛隊の任務は増えるもののリスクを軽減する措置を盛り込んでおり、自衛隊員のリスクが高まることはないという認識を示しました。
この中で中谷防衛大臣兼安全保障法制担当大臣は、安全保障法制の整備を巡って「自衛隊員はこれまでも災害派遣などで非常に厳しい任務を負ってきており、法整備による任務のリスクは従来と同様のものだ。今回、新たに任務は増えるが、リスクを軽減する措置はしっかりと規定しており、増大することはない」と述べました。
そのうえで「法整備によって日米同盟などの抑止力は確実に高まると考えており、それにより得られる効果は、リスクよりもはるかに大きい。抑止力で隊員の安全性も高まる」と述べ、自衛隊員のリスクが今より高まることはないという認識を示しました。
また集団的自衛権を海外で行使する可能性について「武力行使の目的を持って、武装した部隊を他国の領域に派遣する海外派兵は一般に禁止される。そのうえで、他国の領域で武力行使の新3要件に該当するものがあれば、憲法上の理論としては許されないわけではない」と述べ、武力行使の新3要件に該当すれば、集団的自衛権を海外で行使することもありうるという認識を示しました。』



2015年5月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/O2EOH


2015年5月22日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150523130832/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150522/k10010088121000.html


2015年5月22日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0523-2208-43/www3.nhk.or.jp/news/html/20150522/k10010088121000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。