スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もし思いを改めて参加しようということになれば、なるべく早い方がいい。できれば日本に(AIIBに)入ってもらいたいのが中国の本音だ。日本は国際金融にたけており、日本の経験、知見を活用したいという思いが中国にはある。お互いに協力し合っていけばいい」by二階俊博

2015.04.27.Mon.05:24

以下、2015年4月24日 毎日新聞の記事より引用
『自民総務会長:アジア投資銀の参加決定は早期に
毎日新聞 2015年04月24日 18時59分(最終更新 04月24日 19時22分)

 自民党の二階俊博総務会長は24日、東京都内であった「日中企業家高峰(サミット)フォーラム」(中国青年報、毎日新聞社主管)で講演し、中国が設立を主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)について、「もし思いを改めて参加しようということになれば、なるべく早い方がいい」と述べ、早期参加を促した。

 そのうえで「できれば日本に(AIIBに)入ってもらいたいのが中国の本音だ」と指摘。「日本は国際金融にたけており、日本の経験、知見を活用したいという思いが中国にはある。お互いに協力し合っていけばいい」と語り、AIIB参加で日中協力を推進するよう求めた。【水脇友輔】』



2015年4月24日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.is/E60V0


2015年4月24日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150426202035/http://mainichi.jp/select/news/20150425k0000m010032000c.html


2015年4月24日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0427-0520-46/mainichi.jp/select/news/20150425k0000m010032000c.html

2015年3月31日 NHKニュースの記事より引用
『首相 アジアインフラ投資銀 党も検討を
3月31日 15時02分

安倍総理大臣は、自民党の外交部会の幹部らと会談し、中国が設立を提唱するAIIB=アジアインフラ投資銀行について、「今の時点で焦ることはない。日本のスタンスはどうあるべきか、活発に議論してほしい」と述べ、党内でも対応を検討するよう指示しました。
アジアインフラ投資銀行は、アジアの発展途上国を支援するとして、中国が設立を提唱しているもので、銀行の枠組み作りの交渉に加われるとしている期限の31日までに40か国以上が参加を表明していますが、日本は、組織運営の透明性が確保されるかどうかを確認する必要があるとして当面、参加を見送る方針です。
こうしたなか、安倍総理大臣は31日午前、総理大臣官邸で、自民党の秋葉外交部会長や、衛藤外交・経済連携本部長らと会談し「今の時点で焦ることはない。アジアインフラ投資銀行を巡る日本のスタンスはどうあるべきか、大いに活発に議論してほしい」と述べ、党内でも対応を検討するよう指示しました。
自民党は、4月1日、外交部会などの合同会議を開き、アジアインフラ投資銀行の設立に向けた中国側の準備状況などを確認したうえで、日本が参加すべきかどうかも含め、議論を進めることにしています。』



2015年3月31日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/0RHmU


2015年3月31日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0406-1603-48/www3.nhk.or.jp/news/html/20150331/k10010033831000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。