スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省はうつ病や事故等による障害で休職した人の職場復帰を支援する為、新たな助成金制度を設ける方針である。

2015.03.31.Tue.22:57

2015年3月19日 毎日新聞の記事より引用
『【政治】
うつや障害 復帰支援 雇用継続企業に助成金
2015年3月19日 朝刊

 うつ病や事故などによる障害で休職した人の職場復帰を支援するため、厚生労働省が新たな助成金制度を設けることが十八日、分かった。復帰する人向けの仕事を用意するなど雇用継続の環境を整えた企業に対し、復職者一人当たり最大七十万円を支給。四月から始める。
 厚労省によると、精神的な不調で休職した人がいる事業所のうち、復帰実績があるのは約半数にとどまる。厚労省は、うつ病の人や障害者が休職後も働くことができる職場を増やしたい考えだ。
 新設するのは「障害者職場復帰支援助成金」(仮称)。働く人が病気や事故などで障害者になったり、うつ病にかかったりして三カ月以上休職したケースが対象となる。
 企業が復帰する人の障害や能力に応じて担当できる業務を用意したり、職場に車いす用のスロープを設置したりするなど環境整備を図ることが支給条件。うつ病の人ではさらに、全国の地域障害者職業センターや医療機関による相談などの復職支援を受けることも条件だ。
 助成金は、復職から六カ月間雇用が続いた場合、一人当たり三十五万円(大企業は二十五万円)を支給。さらに六カ月後にも同額を支給する。厚労省は二〇一五年度当初予算案に約三千万円を計上した。
 厚労省の一三年の労働安全衛生調査によると、精神的な不調で一カ月以上休職した人がいる事業所のうち、復帰実績がある事業所の割合は51・1%にとどまっており、働き続けられる人をどう増やすかが課題だ。』



2015年3月19日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/ZPqZR


2015年3月19日 毎日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150331135146/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015031902000147.html


2015年3月19日 毎日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0331-2251-57/www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015031902000147.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。