スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自衛隊は、わが国を防衛するのが主たる任務であり、このような組織を軍隊と呼ぶのであれば軍隊と言える。一般的に国際法上は軍隊に該当する。自衛隊が軍隊であるかどうかというのは軍隊の定義いかんによるものだ。自衛隊は憲法上の制約があるため、通常の観念で考える軍隊とは異なる。安倍総理大臣の答弁は外国の軍隊との共同訓練の話の流れの中での質問に対する答弁であり、誤りではない。全く問題ない」by菅義偉

2015.03.27.Fri.21:58

2015年3月25日 NHKニュースの記事より引用
『”首相の「わが軍」発言 批判は当たらず”
3月25日 20時09分

菅官房長官は記者会見で、安倍総理大臣が先に参議院予算委員会で自衛隊を「わが軍」と呼んだことに野党側から批判が出ていることについて、「自衛隊が軍隊であるかどうかは軍隊の定義いかんによる」などと述べ、批判は当たらないという考えを示しました。
安倍総理大臣は先週の参議院予算委員会で自衛隊を「わが軍」と呼び、これに対し、野党側からは「憲法で『陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない』としていることと矛盾する」などといった批判が出ています。
これについて、菅官房長官は記者会見で、「自衛隊は、わが国を防衛するのが主たる任務であり、このような組織を軍隊と呼ぶのであれば軍隊と言える。一般的に国際法上は軍隊に該当する。自衛隊が軍隊であるかどうかというのは軍隊の定義いかんによるものだ」と述べました。
そのうえで、菅官房長官は「自衛隊は憲法上の制約があるため、通常の観念で考える軍隊とは異なる。安倍総理大臣の答弁は外国の軍隊との共同訓練の話の流れの中での質問に対する答弁であり、誤りではない。全く問題ない」と述べ、批判は当たらないという考えを示しました。
一方、民主党の枝野幹事長は記者会見で、「憲法に陸海空軍その他の戦力を持たないと明記されており、軍ではないという位置づけでなければ説明がつかず、総理大臣が『わが軍』という言い方をするのは、軽いものではないと言わざるをえない。わが国と国民の自衛隊であり、安倍総理大臣のものではないと強調しておきたい」と述べました。』


2015年3月25日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/WLHlE


2015年3月25日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150327125331/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027731000.html


2015年3月25日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0327-2153-51/www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027731000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。