スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私個人の意見だが、できれば来年中に初めての(憲法改正のための)国民投票までもっていきたい。とにかく1回でも(憲法改正を)実施することが大事であり、遅くとも再来年の春には(憲法改正のための国民投票を)やりたいと思っている」by礒崎陽輔

2015.02.23.Mon.22:08

2015年2月21日 NHKニュースの記事より引用
『憲法改正に向けた初の国民投票 再来年春までに
2月21日 20時41分

自民党の憲法改正推進本部の事務局長を務める礒崎総理大臣補佐官は盛岡市で講演し、憲法改正に向けた初めてとなる国民投票を、来年中か遅くとも再来年の春までに実施したいという考えを示しました。

この中で、自民党の憲法改正推進本部の事務局長を務める礒崎総理大臣補佐官は、憲法改正に向けた初めてとなる国民投票について「私個人の意見だが、できれば来年中に初めての国民投票までもっていきたい。とにかく1回でも実施することが大事であり、遅くとも再来年の春にはやりたいと思っている」と述べ、国会による憲法改正の発議を経て、国民投票を来年中か、遅くとも再来年の春までに実施したいという考えを示しました。
また、礒崎氏は、安全保障法制の整備に向けた与党協議について「公明党との間にはまだ距離があるが、自民・公明両党は風雪を共にしてきた間柄であり、どこかできちんとしたまとまりができると思う。大型連休明けに国会審議を始めたい」と述べました。』




2015年2月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/HKTqY


2015年2月21日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150223130514/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150221/k10015640711000.html


2015年2月21日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0223-2205-25/www3.nhk.or.jp/news/html/20150221/k10015640711000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。