スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『これなら(農産物5項目を関税撤廃の例外とするなどとした衆参両院の農林水産委員会の)決議と整合性がとれるのではないか』という、ギリギリの線でなんとかまとめたい。日米2国間の閣僚級協議がセットできないと、交渉参加12か国の閣僚会合がセットできないので、そういう話し合いができるような方向で努力したい。ことし春の早いうちに12か国の閣僚会合が開けることが望ましい」by甘利明

2015.02.03.Tue.21:25
2015年2月3日 NHKニュースの記事より引用
『TPP 甘利氏「春の早い段階で妥結を」
2月3日 11時16分

甘利経済再生担当大臣は閣議のあと記者団に対し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡る日米2国間の協議が再開されたことに関連し、協議を早期に終結させことし春の早い段階で、TPP交渉全体の妥結を目指す考えを示しました。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡る日米の事務レベル協議は日本時間の3日未明からワシントンで再開され、焦点の牛肉や豚肉、コメなど農産物5項目や自動車部品の関税の取り扱いなどについて意見が交わされています。
これに関連して甘利経済再生担当大臣は記者団が「農産物5項目を関税撤廃の例外とするなどとした衆参両院の農林水産委員会の決議は守れるのか」と質問したのに対し、「『これなら決議と整合性がとれるのではないか』という、ギリギリの線でなんとかまとめたい」と述べました。
そのうえで甘利大臣は「日米2国間の閣僚級協議がセットできないと、交渉参加12か国の閣僚会合がセットできないので、そういう話し合いができるような方向で努力したい。ことし春の早いうちに12か国の閣僚会合が開けることが望ましい」と述べ、2国間の協議を早期に終結させ、ことし春の早い段階でTPP交渉全体の妥結を目指す考えを示しました。』


2015年2月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/seK5a


2015年2月3日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150203121822/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150203/k10015170991000.html


2015年2月3日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0203-2118-05/www3.nhk.or.jp/news/html/20150203/k10015170991000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。