スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(ホワイトカラーエグゼンプション、いわゆる残業代ゼロ法案の成立によって)有給休暇も消化できないといった働き過ぎを是正し、国民の生活の変化に伴って多様な働き方を可能にすることが大事だ。成果だけが重視され、労働時間が考慮されないのではないかという指摘もあるが、対象となる労働者は、ごく一部の人に限られ、本人の同意がなければ適用されない。」by谷垣禎一

2015.02.02.Mon.20:20
2015年2月1日 NHKニュースの記事より引用
『自民と民主 新労働時間巡り議論
2月1日 13時00分

NHKの「日曜討論」で、働いた時間ではなく成果で報酬を決める新たな労働時間制度について、自民党の谷垣幹事長が多様な働き方を実現するために必要な制度だと主張したのに対し、民主党の枝野幹事長は労働生産性を縮小させるもので経済成長にはつながらないと批判しました。

この中で、自民党の谷垣幹事長は働いた時間ではなく成果で報酬を決める新たな労働時間制度について、「有給休暇も消化できないといった働き過ぎを是正し、国民の生活の変化に伴って多様な働き方を可能にすることが大事だ。成果だけが重視され、労働時間が考慮されないのではないかという指摘もあるが、対象となる労働者は、ごく一部の人に限られ、本人の同意がなければ適用されない」と述べ、多様な働き方を実現するために必要な制度だと主張しました。
これに対し、民主党の枝野幹事長は、「今回の労働法制の見直しは結局、少ない労働コストで売り上げをいかに上げるかということであり、企業にはプラスだが、国家でやったらかえって労働生産性は縮小する。労働に対し、より高い対価を払いながら、より大きな付加価値の形成を促すのが本当の成長戦略だ」と述べ、新たな労働時間制度は労働生産性を縮小させるもので、経済成長にはつながらないと批判しました。』


2015年2月1日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/dcX5l



2015年2月1日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20150202110917/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150201/k10015124971000.html



2015年2月1日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2015-0202-2010-39/www3.nhk.or.jp/news/html/20150201/k10015124971000.html


【管理人コメント】
谷垣禎一氏は、残業代ゼロ法と、有給休暇の消化率が上がらないこととの間に相関関係があるかのように発言しているが、そもそも残業代をゼロにすることと、有給休暇の消化率の向上とは全く無関係である。
また、残業代ゼロ法案が成立することによって、契約書に残業代をゼロにする旨の条項を組み込まれ、条項に同意しないと就職出来ない事態を招く危険性が高い。
更に、残業代ゼロ法案が成立することによって残業代ゼロを既成事実化した後で、適用の年収基準を例えば年収400万程度まで下げてくる危険性は否定出来ない。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。