スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2年間アベノミクスをやってきた。まずまずの成果を上げているが、まだ道半ばだ。足りないのは賃金の上昇率。まだ消費税分をいれた物価上昇には追いついていない。来年、再来年必ず追いつき追い越す。そうなれば地方に中小企業に家庭に、景気回復の実感が届く。この道を続けさせていただくお墨付きをいただくための選挙だ。」by高村正彦

2014.12.11.Thu.17:00

2014年12月2日 朝日新聞の記事より引用
『「足りないのは賃金の上昇率」 自民・高村副総裁

2014年12月2日18時58分

■高村正彦・自民党副総裁

2014衆院選特集、候補者一覧はこちら

 2年間アベノミクスをやってきた。まずまずの成果を上げているが、まだ道半ばだ。足りないのは賃金の上昇率。まだ消費税分をいれた物価上昇には追いついていない。来年、再来年必ず追いつき追い越す。そうなれば地方に中小企業に家庭に、景気回復の実感が届く。この道を続けさせていただくお墨付きをいただくための選挙だ。衆院選というのは常に政権選択。アベノミクスを続けていくのか、これまでのように1年ごとに総理が代わる政治に、15年続いたデフレにまた戻したいのか。その選択をするのが今度の選挙だ。(山口県周南市で)』



2014年12月2日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/Z1RdN



2014年12月2日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20141211065853/http://www.asahi.com/articles/ASGD262D6GD2UTFK01M.html



2014年12月2日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-1211-1559-25/www.asahi.com/articles/ASGD262D6GD2UTFK01M.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。