スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の山本幸三衆議院議員(衆議院、福岡10区)は、消費税率10%への引き上げを1年半先送りしたとしても、15年度の基礎的財政赤字を対GDP比半減させるとの目標は「余裕をもって達成できる」と述べ、先送りが財政再建の支障にはならないとの認識を示した。

2014.11.14.Fri.18:00
2014年11月10日 ロイターの記事より引用
『消費再増税先送りでも、PB半減目標は達成可能=自民・山本氏

2014年 11月 10日 13:35 JST

[東京 10日 ロイター] - 消費再増税反対の急先鋒のひとり、山本幸三・衆議院議員は、消費税率10%への引き上げを1年半先送りしたとしても、15年度の基礎的財政赤字を対GDP比半減させるとの目標は「余裕をもって達成できる」と述べ、先送りが財政再建の支障にはならないとの認識を示した。

ロイターに語った。

アベノミクスによって名目成長率が上がり、増税先送りで消費税増税ショックが回避され、税収が増えると推計しているため。現在、数値を精査中としながらも、「PB半減は確実にできる。社会保障の充実財源も問題はない」と述べ、増税の先送りは「財政再建にまったく問題がない」とした。

山本氏は自民党内で再増税反対論を展開する「アベノミクスを成功させる会」の会長。同会合では18日に浜田宏一内閣官房参与と意見交換した後、提言をまとめ、翌週にも、安倍晋三首相に進言する予定。増税先送りが財政再建に支障がないことを訴え、首相の判断を促がしたい考えとみられる。
(吉川裕子)』



2014年11月10日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/ZEBiz



2014年11月10日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20141114053724/http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0IU09620141110



2014年11月10日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-1114-1438-14/jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0IU09620141110
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。