スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍晋三政権が2014年10月31日に閣議決定した国家戦略特区法改正案では、国家戦略特区内で実現可能な改革事項として、(1)家事支援を行う外国人労働者の受け入れの拡大、(2)民間事業者による公立学校の運営認可、(3)医師及び歯科医師の資格がない者の医療法人の理事長への就任、(4)シルバー人材センターから派遣される人材の就労時間の週40時間への拡大、及び(5)都道府県が独自に実施可能でかつ合格者が3年間は地域限定で、4年目以降は全国で保育士として労働可能な保育士とは異なる独自資格の創設が盛り込まれている。

2014.11.02.Sun.23:20
2014年10月31日 NHKニュースの記事より引用
『規制緩和へ 国家戦略特区法改正案を閣議決定
10月31日 10時03分

政府は31日の閣議で、地域を限って大胆な規制改革などを行う「国家戦略特区」で、家事支援を行う外国人労働者の受け入れを拡大することや、民間事業者による公立学校の運営を認めることなどを盛り込んだ、国家戦略特区法などの改正案を決定しました。

政府は31日の閣議で、地域を限って大胆な規制改革などを行う「国家戦略特区」で、さらなる規制緩和を進めるため、国家戦略特区法などの改正案を決定しました。
それによりますと、今は例外的にしか認められていない家事支援を行う外国人労働者の受け入れを拡大するほか、公立学校の運営を民間の事業者にも認めるとしています。
また、原則として医師・歯科医師に限られている医療法人の理事長に、医師などの資格がなくても就任できるようにするほか、シルバー人材センターから派遣される人材の就労時間を、週20時間から40時間まで拡大するとしています。
さらに、保育士不足の解消に向けて、全国一斉に行われる保育士試験とは別に都道府県が独自に行う試験の合格者が3年間、地域限定で保育士として働くことができるようにし、その後は全国でも就労できるようにすることも盛り込まれています。
政府は改正案を今の国会に提出し、速やかな成立を目指すことにしています。』



2014年10月31日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/X2c00



2014年10月31日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20141102140944/https://www.nhk.or.jp/news/html/20141031/k10015844471000.html



2014年10月31日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-1102-2310-06/https://www.nhk.or.jp:443/news/html/20141031/k10015844471000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。