スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(消費税率の10%への引き上げに関しては)選挙や経済への影響を心配する声があるが、少子化対策や医療費に金がかかっている現実があり、よほどのことがないかぎり、予定どおり行うのが常識の線だ」by野田毅

2014.10.26.Sun.18:12
2014年10月26日 NHKニュースの記事より引用
『自民・野田氏 消費税率引き上げ「常識の線」
10月26日 17時20分


自民党の野田税制調査会長は北海道幕別町で講演し、消費税率を来年10月に予定どおり10%に引き上げるのは「常識の線だ」と述べたうえで、軽減税率の導入時期や対象品目などは慎重に検討していく考えを示しました。

この中で、自民党の野田税制調査会長は、消費税率の10%への引き上げについて、「選挙や経済への影響を心配する声があるが、少子化対策や医療費に金がかかっている現実があり、よほどのことがないかぎり、予定どおり行うのが常識の線だ」と述べ、来年10月に予定どおり引き上げるべきだという考えを示しました。
そのうえで、野田氏は軽減税率の取り扱いについて、「公明党の主張を頭に入れて年末に向けて議論するが、消費税率の引き上げと一緒に軽減税率を導入するには、いろいろな団体や中小企業の手間暇の問題もある」と述べ、導入時期や対象品目の選定など具体的な制度設計は慎重に検討していく考えを示しました。
このあと、野田氏は記者団に対し、ビールと発泡酒などとの間で税率が違う「ビール系飲料」の酒税の見直しに関連して、「税率に違いがあるという実態は必ずしも好ましいことではなく、段階的に是正していくことは必要だ」と述べ、来年度の税制改正に向け、与党内でも検討を進める考えを示しました。』



2014年10月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/HmfGg



2014年10月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20141026090826/https://www.nhk.or.jp/news/html/20141026/k10015708041000.html


2014年10月26日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-1026-1808-49/https://www.nhk.or.jp:443/news/html/20141026/k10015708041000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。