スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「近年は異常気象が頻発し、災害の規模が大きくなっているように思う。さまざまな災害について改めて分析し、対応に足りない部分があれば見直していきたい。また避難の有効性を高めるために、国民への啓発などを含めてどのようなことができるのか考えていきたい。今後、発生が危惧される南海トラフの巨大地震や首都直下地震についても、関係者と連携した対策を進めていく」by山谷えり子

2014.09.07.Sun.16:46

2014年9月4日 NHKニュースの記事より引用
『山谷防災相 災害対応の再検討を
9月4日 0時15分


山谷防災担当大臣は初閣議のあとに開かれた記者会見で、「防災は国家の極めて重要な任務であり、特に広島市で起こった土砂災害については、行方不明になっている2人の捜索や避難者の支援に全力を尽くしたい」と述べました。
そのうえで、「近年は異常気象が頻発し、災害の規模が大きくなっているように思う。さまざまな災害について改めて分析し、対応に足りない部分があれば見直していきたい。また避難の有効性を高めるために、国民への啓発などを含めてどのようなことができるのか考えていきたい」と述べて、災害への対応の在り方について改めて検討する考えを示しました。
また山谷大臣は、「今後、発生が危惧される南海トラフの巨大地震や首都直下地震についても、関係者と連携した対策を進めていく」と述べて、地震や津波の防災対策に、一層力を入れていく考えを示しました。』



2014年9月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/uLZgD



2014年9月4日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140907074219/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140904/k10014327081000.html



2014年9月4日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0907-1642-37/www3.nhk.or.jp/news/html/20140904/k10014327081000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。