スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(配偶者控除に関しては)働くか育児をするかという選択をするのに中立的ではないという指摘も受けているので、しっかり見直しをしていきたい」by加藤勝信

2014.08.18.Mon.06:22
2014年8月17日 NHKニュースの記事より引用
『女性支援策 年末までに取りまとめ
8月17日 12時16分


加藤官房副長官はNHKの「日曜討論」で、成長戦略の中核に据える女性が活躍する社会の実現に向けて、さまざまな支援策を盛り込んだ「女性のチャレンジ応援プラン」を年末までに取りまとめる考えを示しました。

この中で加藤官房副長官は「結婚したり子どもが生まれたりすることで7割近くが仕事を辞める。もう1回就職するにしても今は非正規しかなく、正規に戻りたいという人もいる」と述べました。
そのうえで加藤官房副長官は、安倍内閣の重要課題である「女性の活躍」の推進について、「家事や育児の経験をいかし地域のために活躍したい人や自分で事業を興そうという人など、いろいろなパターンを応援していく『女性のチャレンジ応援プラン』を年末までに策定し、具体的な政策を盛り込みたい」と述べました

また加藤官房副長官は、女性の就労意欲を抑制しているという指摘もある「配偶者控除」について「働くか育児をするかという選択をするのに中立的ではないという指摘も受けているので、しっかり見直しをしていきたい」と述べました。』


2014年8月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/HnjOn



2014年8月17日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140817212051/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140817/k10013864101000.html



2014年8月17日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0818-0621-11/www3.nhk.or.jp/news/html/20140817/k10013864101000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。