スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(GPIFの運用改革に関し、)法改正の際に、直接株を運用できる仕組みにしてもいい」by塩崎恭久

2014.08.11.Mon.08:27
2014年8月5日 ロイターの記事より引用
『UPDATE 1-株自主運用へ「法改正も」、GPIF改革で自民・塩崎氏

2014年 08月 5日 18:58 JST


(内容を追加しました)

[東京 5日 ロイター] - 自民党の塩崎恭久政調会長代理は5日、都内で講演し、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用改革に関し、現在は認められていない日本株の自主運用について「法改正の際に、直接株を運用(できる仕組みに)してもいい」との考えを示した。

今のルールでは自主運用は国債に限られ、他の資産は金融機関に委託することになっている。塩崎氏は講演で、株への直接投資を通じ「企業と直接対話することもいいのではないか」と述べた。また、年金改革にとってガバナンス改革が重要と指摘し、「現政権が責任をもって改革を進めていけるよう、働きかけていきたい」と語った。』



2014年8月5日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/7waVl


2014年8月5日 ロイターの該当記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/8DjZ


2014年8月5日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140810232128/http://jp.reuters.com/article/fundsNews/idJPL4N0QB3CH20140805


2014年8月5日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0811-0821-56/jp.reuters.com/article/fundsNews/idJPL4N0QB3CH20140805
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。