スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方自治体が公立学校を新たに設立し、運営を民間に委託する「公設民営学校」を、文部科学省が国家戦略特区として容認する方向で検討していることが共同通信の取材で分かった。

2014.08.01.Fri.17:05
2014年7月30日 共同通信の記事より引用
『学校の公設民営を検討 文科省、国家戦略特区で

 地方自治体が公立学校を新たに設立し、運営を民間に委託する「公設民営学校」を、文部科学省が国家戦略特区として容認する方向で検討していることが30日、関係者への取材で分かった。英語や理数教育に特化したり、不登校の児童生徒を専門に受け入れたりするなど、既存の公教育にはない特色ある学校が設立できると判断した。

 戦略特区に指定された大阪市が中高一貫の公設民営学校を提案しており、これを受けて文科省が助言しながら具体的な制度設計を進めている。この学校の計画が固まれば、国家戦略特区法改正準備に入る。

 しかし、与党内には「民間参入は公教育を破壊する」との反対論も根強い。

2014/07/30 18:47 【共同通信】』



2014年7月30日 共同通信の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/CWUhG


2014年7月30日 共同通信の該当記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/2IJW


2014年7月30日 共同通信の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140801070210/http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014073001001470.html


2014年7月30日 共同通信の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0801-1602-25/www.47news.jp/CN/201407/CN2014073001001470.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。