スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(2013年度の法人税収の想定からの)上振れが構造的要因かどうか検証していく。アベノミクスが進めば法人税率20%台も夢物語でない。財源をどこからに求めるか精緻な議論をしていく必要がある。課税ベースを見直す議論はこれから本格的に着手する。きちんとした財源の見通しが、責任ある政策として必要だ。」by甘利明

2014.07.10.Thu.04:53
2014年7月8日 ロイターの記事より引用
『UPDATE 1-税収上振れ「構造的か検証」=甘利経済再生相

2014年 07月 8日 11:13 JST

(内容を追加しました)

[東京 8日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は8日午前の閣議後会見で、2013年度の法人税収が想定より上振れた点について「上振れが構造的要因かどうか検証していく」と述べた

4日午前の記者会見では「(一時的ではなく)構造要因によるものであって、『準恒久財源』たりうる」と主張し、一定分を法人減税の財源にできるとの見解を示していた。

  甘利経済再生相は、アベノミクスが進めば法人税率20%台も夢物語でない、としつつ、「財源をどこからに求めるか精緻な議論をしていく必要がある。課税ベースを見直す議論はこれから本格的に着手する」「きちんとした財源の見通しが、責任ある政策として必要」と強調した。 消費税の軽減税率については与党税調などを通じて「最もコストパフォーマンスが良いやり方を追求していく」と指摘した。 (竹本能文)』


2014年7月8日 ロイターの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/o4zzn



2014年7月8日 ロイターの該当記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/ZT06



2014年7月8日 ロイターの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140709194655/http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPL4N0PJ0JF20140708



2014年7月8日 ロイターの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0710-0450-16/jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPL4N0PJ0JF20140708
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。