スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(法人税収が当初見通しより上回った分については)準恒久財源たりうる。なにがしかを法人税減税にあてることは可能と思う」by甘利明

2014.07.05.Sat.01:50

2014年7月4日 朝日新聞の記事より引用
『甘利経済財政相「法人税の増収分は減税財源に」

2014年7月4日22時59分


 甘利明経済財政相は4日の記者会見で、法人税収が当初見通しより上回った分について「準恒久財源たりうる。なにがしかを法人税減税にあてることは可能と思う」と述べた。内閣府で今後、増収分をどの程度財源に充てられるか分析し、経済財政諮問会議に示すという。

 財務省が3日発表した2013年度の決算見通しでは、景気回復を受けて法人税収は昨年12月時点の見積もりを4287億円上回った。甘利氏は「アベノミクスによる構造的な要因が大きいのでは」と述べ、来年度から法人税の実効税率を引き下げた際、「上ぶれ分」を財源とすることに改めて意欲を示した。

 一方、麻生太郎財務相は4日の会見で「法人税は恒久減税だから、恒久減税には恒久財源を確保していく」と強調した。』


2014年7月4日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
https://archive.today/M4bsY


2014年7月4日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/save/http://www.asahi.com/articles/ASG744FM6G74ULFA010.html


2014年7月4日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0705-0145-37/www.asahi.com/articles/ASG744FM6G74ULFA010.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。