スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安全保障の環境が大きく変わってきており、国民の権利を守るため、政府が従来言ってきた個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認する余地はあるのではないか。(自民党の高村副総裁が新たに示した試案に関しては)集団的自衛権は他国のためではなく日本を守るための武力行使であり、従来の政府見解の基本的な考えは今後も維持することも明記するなど、二重三重の歯止めがきいており、拡大解釈のおそれがない。まだ協議中だが、行きすぎを防ぎ、政府のこれまでの基本から外れるわけではないと、十分説明できるし、それに最大限努力したい」by山口那津男

2014.06.27.Fri.22:24

2014年6月26日 NHKニュースの記事より引用
『公明・山口代表 試案受け入れる意向
6月26日 22時25分

公明党の山口代表はNHKの「ニュースウオッチ9」で、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の柱となる、自民党の高村副総裁が新たに示した試案について、「二重三重の歯止めがきいていて、拡大解釈のおそれがない」などと述べ、受け入れる意向を示しました。

この中で公明党の山口代表は、集団的自衛権の行使容認について「安全保障の環境が大きく変わってきており、国民の権利を守るため、政府が従来言ってきた個別的自衛権に匹敵するような集団的自衛権であれば、一部限定的に容認する余地はあるのではないか」と述べました。
そのうえで山口氏は、閣議決定の柱となる、自民党の高村副総裁が新たに示した試案について、「集団的自衛権は他国のためではなく日本を守るための武力行使であり、従来の政府見解の基本的な考えは今後も維持することも明記するなど、二重三重の歯止めがきいており、拡大解釈のおそれがない。まだ協議中だが、行きすぎを防ぎ、政府のこれまでの基本から外れるわけではないと、十分説明できるし、それに最大限努力したい」と述べ、受け入れる意向を示しました。』



2014年6月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/GfD6E


2014年6月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/fSk4


2014年6月26日 NHKニュースの該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140627131341/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140626/k10015537861000.html


2014年6月26日 NHKニュースの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0627-2214-46/www3.nhk.or.jp/news/html/20140626/k10015537861000.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。