スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自主憲法なのか憲法改正なのか、私の解釈としてはそんなに大きな違いはない。現行憲法を自主的に改正することが自主憲法ともいえるし、程度の問題だと思う。」by船田元

2014.06.04.Wed.03:22
2014年5月31日 朝日新聞の記事より引用
『「自主憲法か改憲か、大きな違いない」 自民・船田氏

2014年5月31日23時12分

■船田元・自民党憲法改正推進本部長

 (日本維新の会の分裂は憲法改正に)直接的な影響は考えられない。自主憲法なのか憲法改正なのか、私の解釈としてはそんなに大きな違いはない。現行憲法を自主的に改正することが自主憲法ともいえるし、程度の問題だと思う。ただ(維新の)石原慎太郎共同代表がおっしゃっている自主憲法とは、たぶん現憲法の破棄であり新憲法制定だと思うが、現実の問題としてはまず不可能だ。自主憲法かそうでないかの議論は、そんなに大きな意味を持つとは思わない。(31日、仙台市での会見)』


船田元20140531


2014年5月31日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.today)
https://archive.today/cPzp7


2014年5月31日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140603181440/http://www.asahi.com/articles/ASG507F6FG50UTFK00B.html


2014年5月31日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0604-0315-14/www.asahi.com/articles/ASG507F6FG50UTFK00B.html



【ご参考】伊藤真弁護士著  自由民主党「日本国憲法改正草案」について
http://www.jicl.jp/jimukyoku/images/20130131.pdf
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。