スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昭和34年に出された砂川事件の最高裁判所の判決を、自民党が『根拠だ』と言った覚えはない。あくまでも『日本が危ないときだけに限る』ことで、『砂川判決ののりやハードル』を超えない。今回の解釈変更は、必要最小限度の範囲に収まる集団的自衛権があるのではないかというものだ。(集団的自衛権の行使を容認した場合でも)アメリカまで行って、集団的自衛権を行使することはないが、日本の近海でアメリカの部隊が襲われたらとは考えている。あとは要請があるかどうかなど時々の判断で、総合的に勘案したい」by礒崎陽輔

2014.04.29.Tue.09:09
2014年4月28日 NHKニュースの記事より引用
『集団的自衛権の行使「日本が危ないときだけ」
4月28日 21時48分


国家安全保障を担当する礒崎総理大臣補佐官は、富山市で開かれた自民党の集会で講演し、集団的自衛権を行使する際の要件について、「日本が危ないときだけに限る」と述べ、日本の安全保障に直接関わる必要最小限の範囲に限定する考えを強調しました。

この中で礒崎総理大臣補佐官は、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認について、「昭和34年に出された砂川事件の最高裁判所の判決を、自民党が『根拠だ』と言った覚えはない」と述べました。
そのうえで、磯崎氏は「あくまでも『日本が危ないときだけに限る』ことで、『砂川判決ののりやハードル』を超えない。今回の解釈変更は、必要最小限度の範囲に収まる集団的自衛権があるのではないかというものだ」と述べ、行使する際の要件を、日本の安全保障に直接、関わる必要最小限の範囲に限定する考えを強調しました。また、礒崎氏は行使を容認する際の具体例について、「アメリカまで行って、集団的自衛権を行使することはないが、日本の近海でアメリカの部隊が襲われたらとは考えている。あとは要請があるかどうかなど時々の判断で、総合的に勘案したい」と述べました
。』



2014年4月28日 NHKニュースの記事のアーカイブ(archive.today)
http://archive.today/R0W3n



2014年4月28日 NHKニュースの記事のアーカイブ(zoom.it)
http://zoom.it/fQUV



2014年4月28日 NHKニュースの記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140429000447/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140428/k10014096781000.html


2014年4月28日 NHKニュースの魚拓
http://megalodon.jp/2014-0429-0857-55/www3.nhk.or.jp/news/html/20140428/k10014096781000.html



2014年4月28日 NHKニュースの記事のアーカイブ(capturefullpage.com)
http://www.capturefullpage.com/Temp/7ec4cb60-e773-4676-8943-20420e6befdc.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。