スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「景気を回復させるためには、デフレとの闘いが最も重要で、カネが回るような対策が必要だ。こういう時こそ経営者の能力が問われ、金融機関は低利で在日韓国人らにも融資すべきだ。」by舛添要一

2014.02.08.Sat.09:34
2010年2月10日 民団新聞より引用
『「まずデフレ克服を」 在日韓商セミナーで舛添議員が景気回復策


 在日韓国商工会議所(崔鐘太会長)は1月27日、東京・白金台の八芳園で舛添要一参院議員(前厚生労働大臣)を講師に招き、「これからの日本経済」をテーマにセミナーを行った。産業政策委員会(丁廣鎮委員長)の主管で、黄淳澤公使や金賢中総領事、会員ら約100人が参加した。

 舛添氏は「景気を回復させるためには、デフレとの闘いが最も重要で、カネが回るような対策が必要だ。こういう時こそ経営者の能力が問われ、金融機関は低利で在日韓国人らにも融資すべきだ」と強調した。

 セミナーに続く新年会には、権哲賢大使や民団中央本部の3機関長ら来賓も出席した。
(2010.2.10 民団新聞) 』


2010年2月10日 民団新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/ZPFF6


2010年2月10日 民団新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/b423dbcf


2010年2月10日 民団新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140208002809/http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=12372


2010年2月10日 民団新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0208-0931-43/www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=12372
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。