スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「(集団的自衛権の行使容認に関しては)政府の判断で新しい憲法解釈を明らかにすることによって可能であり、憲法改正は必ずしも必要でない」by安倍晋三

2014.02.06.Thu.12:10

2014年2月5日 東京新聞の記事より引用
『【政治】

首相、集団的自衛権の行使に意欲 憲法解釈変更で可能

2014年2月5日 10時45分


 安倍晋三首相は5日午前の参院予算委員会で、集団的自衛権の行使容認に関し「政府の判断で新しい憲法解釈を明らかにすることによって可能であり、憲法改正は必ずしも必要でない」と述べ、憲法解釈変更による行使容認に意欲を示した。集団的自衛権を行使する権利が「ないことのデメリットに直面している」とも強調した。

 参院予算委は、首相と全閣僚が出席して2013年度補正予算案の基本的質疑を実施、実質審議に入った。民主党の羽田雄一郎氏が、集団的自衛権の行使容認問題を議論している政府の有識者懇談会を「賛成派ばかりで、出てくる結論は初めから明らかだ」と非難したのに答えた。

(共同)』


安倍晋三基本画像114


2014年2月5日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/Curhi


2014年2月5日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/0ca1f432


2014年2月5日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140206022146/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014020501001109.html


2014年2月5日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0206-1122-09/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014020501001109.html




2014年2月5日 朝日新聞の記事より引用
『集団的自衛権「改憲は不要」 首相、新解釈で可能と強調

2014年2月5日12時13分

 安倍晋三首相は5日午前の参院予算委員会で、集団的自衛権について「行使が認められる判断も、政府が適切な形で新しい解釈を明らかにすることで可能だ。憲法改正が必要という指摘はあたらない」と述べ、憲法9条を改正しなくても政府解釈の変更で行使が可能との考えを改めて示した。

 首相は解釈変更での行使に向けて「3段階がある」とも答弁。①「憲法上の解釈で権利として持つ」②「行使する法的な根拠を作る」③「政策的な判断をする」との段階を示した。

 首相は私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」で議論中の行使事例として、ミサイル発射を警戒している米イージス艦が攻撃された場合を挙げ、「近傍の(自衛隊の)イージス艦がそれを守ることができなくていいのか」とも述べた。

 民主党の羽田雄一郎氏の質問に答えた。』


安倍晋三基本画像115


2014年2月5日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/6F5Fd


2014年2月5日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/582567c0


2014年2月5日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ(Wayback machine)
http://web.archive.org/web/20140206023127/http://www.asahi.com/articles/ASG252TS0G25UTFK001.html


2014年2月5日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0206-1131-54/www.asahi.com/articles/ASG252TS0G25UTFK001.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。