スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府は、高度な技術や知識を持つ外国人が永住権を取得するのに最低限必要な日本在留期間を5年から3年に短縮する入管難民法改正案を、24日開会の通常国会に提出する方針を固めた。

2014.01.20.Mon.02:42
2014年1月18日 東京新聞の記事より引用
『【政治】

永住権取得、在留3年に 先端技術の研究者ら

2014年1月18日 05時16分


 政府は18日までに、高度な技術や知識を持つ外国人が永住権を取得するのに最低限必要な日本在留期間を5年から3年に短縮する入管難民法改正案を、24日開会の通常国会に提出する方針を固めた。

 国境を越えた人材獲得競争が激化する中、日本の受け入れ態勢は諸外国と比べ遅れていると指摘されている。政府は実績のある研究者や経営者の定着を促し、国際競争力の強化や外国企業の投資増につなげたい考え。

 法務省によると、現行制度では、外国人が日本で永住権を取得するには原則10年以上の在留期間が必要だが、高い技術や知識を持つ場合は5年でも認められる。

(共同)』


2014年1月18日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/z4Vzk


2014年1月18日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/ded488a1


2014年1月18日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(Waybasck machine)
http://web.archive.org/web/20140119173831/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014011801001205.html


2014年1月18日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0118-0706-02/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014011801001205.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。