スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、自民党が、国内の建設現場に受け入れるベトナムなどアジア諸国からの技能実習生を拡大する方向で検討している。

2014.01.05.Sun.04:40

2014年1月3日 東京新聞の記事より引用
『【政治】


建設現場の外国人雇用拡大を検討 政府、五輪へ人手不足対策

2014年1月3日 16時14分



 政府、自民党が、国内の建設現場に受け入れるベトナムなどアジア諸国からの技能実習生を拡大する方向で検討していることが3日、分かった。2020年の東京五輪に向けた建設ラッシュが始まるのを前に、建設業の人手不足の緩和策として外国人労働者を増やす考えだ。

 技能実習の期間延長などを軸に、五輪までの時限措置とする案が有力で、14年中に入国管理の法令改正作業に入る見通し。建設現場の雇用は外国人に依存する形に変化する可能性がある。

(共同)』



2014年1月3日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/qMqWp



2014年1月3日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/d3ce895b


2014年1月3日 東京新聞の該当記事のインターネットアーカイブ(Wayback machine)
https://web.archive.org/web/20140104193301/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014010301001036.html


2014年1月3日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2014-0105-0429-04/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014010301001036.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。