スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府の行政改革推進会議が、全国に143病院(職員約5万6千人)を持つ独立行政法人「国立病院機構」の職員を非公務員化する方針を決めた。

2013.12.24.Tue.11:29
2013年12月23日 東京新聞の記事より引用
『【政治】

国立病院職員を非公務員化 柔軟な人員確保可能に

2013年12月23日 17時08分


 政府の行政改革推進会議が、全国に143病院(職員約5万6千人)を持つ独立行政法人「国立病院機構」の職員を非公務員化する方針を決めたことが23日分かった。現在は国家公務員法が適用されるため、医師に原則65歳定年制が敷かれ、民間との人事交流が限定されるなどの制約がある。非公務員化すれば柔軟な人員確保が可能となる。

 政府は国立病院機構を含めた独立行政法人の改革案を24日に閣議決定する。

 国立病院機構は現在、収賄罪や守秘義務などが適用される「みなし公務員」に位置付けられている。

(共同)』


2013年12月23日 東京新聞の該当記事のインターネットアーカイブ(wayback machine)
http://web.archive.org/web/20131223084455/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013122301001810.html


2013年12月23日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/a7xcl


2013年12月23日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/c79c2380


2013年12月23日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1224-1126-20/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013122301001810.html
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。