スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府の産業競争力会議雇用・人材分科会の民間議員は2013年12月10日、労働時間を自己裁量とする代わりに残業代や深夜労働などの割増賃金が支払われないホワイトカラー・エグゼンプションを、まず一部の地域や企業限定で先行導入するよう提言した。

2013.12.11.Wed.10:27
2013年12月10日 東京新聞の記事より引用
『【政治】

特区で労働時間規制緩和を 政府会議、1千万円超対象

2013年12月10日 19時02分

 政府の産業競争力会議雇用・人材分科会の民間議員は10日、労働時間を自己裁量とする代わりに残業代や深夜労働などの割増賃金が支払われないホワイトカラー・エグゼンプションを、まず一部の地域や企業限定で先行導入するよう提言した。対象者として年収1千万円超の専門職を例示し、2013年度中に結論を出すよう求めた。

 5日にホワイトカラー・エグゼンプションの導入を求める提言をまとめた規制改革会議と足並みをそろえた。導入に慎重な厚生労働省に本格的な検討を迫る狙いがある。

(共同)』


2013年12月10日 東京新聞の該当記事のインターネットアーカイブ(wayback machine)
http://web.archive.org/web/20131210152852/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013121001002602.html


2013年12月10日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/5mqtU


2013年12月10日 東京新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/6acc18ca


2013年12月10日 東京新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1211-1022-53/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013121001002602.html


2013年12月10日 日経新聞の記事より引用
『労働時間規制、特区で緩和を 競争力会議分科会

2013/12/10 20:05

 政府の産業競争力会議は10日、雇用・人材分科会を開き、労働時間の規制の見直しを議論した。民間議員が年収1千万円超の専門職を対象に、労働時間の規制を緩める「ホワイトカラーエグゼンプション」を新設する国家戦略特区で先行して導入するよう求めた。厚生労働省は「労働条件は一律でなければならない」として特区での導入に慎重な姿勢を示した。

 ホワイトカラーエグゼンプションは1日8時間や週40時間といった短期の労働時間の規制を無くして裁量を認めるとともに、深夜や休日の出勤に対する割増賃金を払わない仕組み。』


2013年12月10日 日経新聞の該当記事のインターネットアーカイブ(wayback machine)
http://web.archive.org/web/20131210153603/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1003Y_Q3A211C1PP8000/


2013年12月10日 日経新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/OD4PI


2013年12月10日 日経新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/489fb0bf


2013年12月10日 日経新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1211-1033-26/www.nikkei.com/article/DGXNASFS1003Y_Q3A211C1PP8000/
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。