スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は2013年11月22日、同省で会合を開き、福島第1原発事故で避難を余儀なくされた住民への賠償指針に関し、避難区域の住民への慰謝料を避難指示が解除されてから原則1年間で打ち切る方針で合意した。

2013.11.24.Sun.00:05
2013年11月22日 長崎新聞の記事より引用
『慰謝料、避難解除1年で打ち切り 原子力賠償審査会(11/22 13:43)

 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は22日、同省で37回目の会合を開き、東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされた住民への賠償指針を見直す議論をした。

 1人当たり月10万円が支払われている避難区域の住民への慰謝料は、避難指示が解除されてから原則1年間で打ち切る方針で合意した

 避難指示は福島県内の11市町村に出され、放射線量によって「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」に分かれる。3区域の人口は約8万1千人。  』


2013年11月22日 長崎新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2013-1123-1018-18/www.nagasaki-np.co.jp/f24/CO20131122/po2013112201001939.shtml


2013年11月22日 長崎新聞の該当記事のアーカイブ(archive.is)
http://archive.is/HMzBM


2013年11月22日 長崎新聞の該当記事のアーカイブ(peeep.us)
http://www.peeep.us/ea1e0295
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。