スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下徹発言集(twitter)

2012.09.24.Mon.19:15
以下、2012年9月24日 橋下徹氏のtwitterにおける発言より引用
僕は世界で最も成熟した民主国家である今の日本が、武力行使で竹島を奪還するということは採り得ない。そうであれば威勢の良い言葉を発するだけでなく、国際司法裁判所で法による解決を図るか、今「完敗している」実効支配の事実を少しでも変えに行くか現実的な動きをすべきだと考えます。

2012-09-24 09:38:26 ついっぷる/twippleから 』


2012年9月24日 橋下徹氏の発言に関するtwitter魚拓
http://twittaku.info/view.php?id=250031402236641280



以下、2012年9月19日 橋下徹氏のtwitterにおける発言より引用
『それまでの間特別永住外国人制度がある限りはその範囲でしかも大阪と言う特別永住外国人が多い地域において、さらに被選挙権や公権力の行使にかかわらない純粋な地域コミュニティーのルール作りに限って一定の関与権を認めるかは議論の余地ありだと考えています。しかし一般的な外国人参政権は反対です

2012-09-19 06:37:18 ついっぷる/twippleから 』



2012年9月19日 橋下徹氏の発言に関するtwitter魚拓
http://twittaku.info/view.php?id=248173880173264896


以下、2012年9月19日 橋下徹氏のtwitterにおける発言より引用
『特別永住外国人の制度も未来永劫続くものではないと思っています。どこかで帰化を求めることになるでしょう。4世、5世となれば、韓国人のアイデンティティーを持つのか、日本人のアイデンティティーを持つのか、選択してもらっても良いのではないかと考えています。

2012-09-19 06:32:19 ついっぷる/twippleから 』


2012年9月19日 橋下徹氏の発言に関するtwitter魚拓
http://twittaku.info/view.php?id=248172625489190912




スポンサーサイト

「中国、韓国が何を怒っているのか、しっかり過去の戦争を総括すべきだ。恨みを持たれてもしょうがないこともある」by橋下徹

2012.09.19.Wed.23:39
以下、2012年9月19日 産経大阪版の記事より引用 
『過去の戦争「総括すべし」 尖閣、竹島めぐり橋下氏「恨み持たれてもしょうがないことも」
2012.9.19 12:59 [west政治]

 新党「日本維新の会」の代表を務める橋下徹大阪市長は19日、尖閣諸島や竹島の問題に絡み「中国、韓国が何を怒っているのか、しっかり過去の戦争を総括すべきだ。恨みを持たれてもしょうがないこともある」と述べ、問題解決には過去の歴史の再検証が不可欠との認識を示した。

「アジア史を、日本人は知らな過ぎ」

 橋下氏は「日本人はアジアの歴史をあまりにも知らな過ぎる。今の日本の体たらくが、竹島、尖閣の問題に結び付いている」と強調した。

 同時に「敵を知って己を知らないと、自分の主張を通すことはできない」として、こうした問題につながる日本の歴史を国民が正確に理解しておかなければ、中国や韓国に対抗できないとの認識を示した。

 市役所で記者団の取材に応じた。』


2012年9月19日 産経大阪版の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2012-0919-2135-59/sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120919/waf12091917360026-n1.htm

総理大臣の政治資金規正法違反事件の記事

2012.09.19.Wed.00:06
以下、2011年9月3日 産経新聞の記事より引用
『野田首相も外国人献金 民団関係者らから30万円
2011.9.3 02:00 (1/2ページ)

 野田佳彦首相の資金管理団体が、在日本大韓民国民団(民団)関係者ら在日韓国人2人から計約30万円の政治献金を受け取っていたことが2日、産経新聞の調べで分かった。献金者本人が取材に外国籍であることを認めた。外国人献金が野田首相にも発覚したことで新政権への影響は必至だ。

 政治資金収支報告によると、献金を受けていたのは、野田首相の資金管理団体「未来クラブ」(千葉県船橋市)。献金をしていたのは船橋市と同県松戸市に住む在日韓国人で、いずれも会社役員の男性。ともに「通名」である日本名での現金支出となっていた。

 船橋市の男性は平成13~15年にかけ、計15万8000円を献金。男性は当時から現在まで民団地元支部で役員を務めている。男性は「(野田氏が)街頭演説をやっていて、よく頑張っていると感じて応援するようになった。選挙のときには、選挙事務所の立ち上げにも行ってお会いするようになった」と野田首相との面識を認めた。

 野田首相は21年10月、千葉で催された「韓日友好イベント」に出席し、政権交代をもたらした衆院選について、「千葉民団の皆さんの力強いご推挙をいただき、力強いご支援をいただきましたことを、心から御礼申し上げたいと思います」と謝辞を述べている。

 一方、松戸市の男性は10~11年にかけて計16万円を献金。「野田さんとは面識がなく、献金を頼まれたことはない。参加するNPO法人のメンバーの間で、野田さんを応援する機運が高まったため献金した」と話した。

 政治資金規正法は、外国人や外国人が過半数の株式を保有する会社からの政治献金を禁じている。違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金、罪が確定すれば公民権停止の対象となるが、今回のいずれの献金も公訴時効(3年)を経過している。

野田首相も外国人献金 民団関係者らから30万円
2011.9.3 02:00 (2/2ページ)

 外国人献金をめぐっては3月、前原誠司外相(当時)の政治団体が京都市の在日韓国人女性から計25万円の献金を受けていたことが発覚し、前原氏は外相を辞任。その後、別の外国人からの献金も明らかになっている。

 菅直人前首相の資金管理団体も横浜市内の韓国籍男性から計104万円を受領していたことが分かり、国会で釈明に追われた。

 野田首相の事務所には文書で、2日夕までにコメントを求めたが回答は得られなかった。』



2011年9月3日 産経新聞の該当記事の魚拓 1/2
http://megalodon.jp/2011-0903-0225-46/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110903/crm11090302000001-n1.htm



2011年9月3日 産経新聞の該当記事の魚拓 2/2
http://megalodon.jp/2011-0903-0227-03/sankei.jp.msn.com/affairs/news/110903/crm11090302000001-n2.htm



以下、2011年4月8日 朝日新聞の記事より引用
『菅首相側、外国人献金104万円返金 韓国籍と確認

2011年4月8日3時2分

 菅直人首相の資金管理団体が在日韓国人系金融機関の元理事から献金を受けていた問題で、菅首相側が、この元理事が韓国籍であることを確認し、献金計104万円を返していたことが分かった。首相側代理人が7日、朝日新聞の取材に回答した。

 この問題は先月、朝日新聞が報じて明らかになった。菅首相の資金管理団体「草志会」は、旧横浜商銀信用組合(現中央商銀信用組合)元理事の男性から、2006年9月に100万円、09年に計4万円の献金を受け取っていた。政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を防ぐため、政治団体が外国人から献金を受けることを禁じている。

 代理人の弁護士が回答した文書によると、元理事側への返金は先月14日。元理事が韓国籍であることを公的な書面で確認したため、としている。また、「返却の事実は政治資金収支報告書に反映させる予定」としている。

 首相は問題発覚後の参院決算委員会で、元理事とは数年前に知り合い、釣りや会食に行く関係とし、「外国籍の方とはまったく承知していなかった」と答弁していた。

 外国人からの献金をめぐっては先月4日、前原誠司前外相の政治団体が京都市内の在日韓国人女性から献金を受けていたことが判明。その後、前原氏は辞任した。』


2011年4月8日 朝日新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2012-0919-0132-54/www.asahi.com/special/minshu/TKY201104070585.html


2011年4月8日 朝日新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.webcitation.org/6Am2tCrRR



以下、2011年7月7日 産経新聞の記事より引用
『首相「献金は事実」 拉致容疑者の親族周辺団体
2011.7.7 08:15

 菅直人首相は6日の衆院予算委員会で、自身の政治資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に6250万円の政治献金をしていた問題について「事実だ」と認めた。

 自民党の石原伸晃幹事長が「めざす会は、極左過激派団体により結成された『市民の党』から派生し、設立された。日本人拉致事件との関係も取り沙汰されている」と指摘した。首相は「私の政治資金の流れは全て正式に届け出をしている」と述べ、適正な献金と強調した。

 めざす会には、鳩山由紀夫前首相の資金管理団体も1千万円を献金し、市民の党にも民主党議員6人の関係団体が献金。逆に、めざす会が民主党国会議員3人の関係団体に献金しており、民主党、市民の党、めざす会の密接な関係が指摘されている。』


2011年7月7日 産経新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2011-0707-0831-49/sankei.jp.msn.com/politics/news/110707/plc11070708160012-n1.htm



以下、2011年7月7日 産経新聞の記事より引用
『菅首相、拉致容疑者親族周辺団体への献金「私の判断」

産経新聞 7月7日(木)15時58分配信
 菅直人首相は7日の参院予算委員会で、自身の資金管理団体が平成19~21年、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に6250万円の献金をしていた問題について、「私の判断で寄付をした」と述べ、自身が支出に関与したことを認めた。

 自民党の磯崎陽輔議員への答弁。首相は、市民の党やめざす会について「ローカルパーティ(地域政党)」との認識を示し、献金は「党の活動の連携支援のためだった。政治的にいろいろな意味でプラスになると考えた」とした。

 菅首相側からめざす会への献金問題は、産経新聞が今月2日付朝刊で報道。

 寄付の経緯について首相は「政治資金規正法に則って収支報告をしている。記事に掲載された事実関係を含め何も承知していない」と述べる一方、「私の判断で寄付をした」と認めた。

 「6250万円を与える意味は何なのか」と目的をただす礒崎議員に、首相は「当時の民主党代表代行としての職務を果たす上で、ローカルパーティである市民の党、市民の会(めざす会)との連携支援のために寄付した」と答弁。「政治的にいろいろな意味で、連携することによってプラスになると考えたので寄付した」とも述べたが、詳細は明らかにしなった。

 返金要請の可能性については「返金を求めるつもりはない」と明確に否定。拉致事件容疑者の長男が今年4月の三鷹市議選に立候補(落選)したことについては「一切承知していない」とした。

 また、3月に発覚した在日韓国人男性からの外国人献金問題について、首相は「弁護士を通じ3月14日に現金で返金した」と説明。これに対し礒崎議員は、返金は3月10日だったのではないかとし、首相の説明に疑義を示した。首相はこの問題が発覚した3月11日の参院決算委員会で「外国籍の方とは全く承知していなかった」と答弁している。』


2011年7月7日 産経新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2011-0707-1615-12/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110707-00000567-san-soci


松井一郎大阪府知事の発言

2012.09.18.Tue.11:11
2012年5月2日 民団大阪公式サイトの記事より引用
『2012-05-02 08:46
民団大阪本部 三機関長 大阪府 松井一郎知事を表敬訪問
 4月25日、民団大阪本部は3月24日の任員改選で選出された新三機関長が松井一郎 大阪府知事を表敬訪問。約15分間、なごやかに懇談した。
 表敬訪問には、民団側から、鄭鉉権 団長、梁信浩 議長、金清正 監察委員長、李龍権・朴英哲・許槿一 副団長、鄭炳采 事務局長が出席した。
 鄭鉉権 団長は、5月27日に開催する「2012ハンマダンin大阪」への出席を要請、これを受けた松井知事も「可能なかぎり出席するよう日程調整に努めたい」と前向きな姿勢を示した。 また、民団が推進している国際理解教育の一環として制作した「ハングルカルタⅡ」を鄭炳采 事務局長が紹介し、「今後は可能な限り府内の小学校に無料配布して行きたい」と話した。 これに対し松井知事は、「在日韓国人が多く居住する大阪が、国籍の違いを越えてひとつになり、大阪の街興しができれば嬉しいので、今後もぜひ協力してほしい」と応えた。
 なお、大阪市からは蜷川善雄 人権室長、三枝泉 副理事らが同席した。』


2012年5月2日 民団大阪公式サイトの該当記事のアーカイブ
http://www.webcitation.org/6Al8CKcjx


2012年5月2日 民団大阪公式サイトの該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2012-0918-1108-36/www.mindan-osaka.org/kccbbs/news_viewbody.php?page=1&number=171&keyfield=comment&key=%8F%BC%88%E4%88%EA%98Y


2012年5月2日 民団大阪公式サイトの該当記事の元記事のurl
http://www.mindan-osaka.org/kccbbs/news_viewbody.php?page=1&number=171&keyfield=comment&key=%8F%BC%88%E4%88%EA%98Y





「(在日韓国人への地方参政権付与や在日韓国人の高齢者福祉への協力に関しては了解した。韓国とは)国と国の関係ではなく、個人的にも仲良くしていきたい」by橋下徹

2012.09.17.Mon.23:45
以下、2008年3月26日 民団新聞より引用
『韓国総領事館を訪問 橋下大阪府知事
 【大阪】橋下徹大阪府知事が17日、大阪市中央区にある駐大阪総領事館に呉榮煥総領事を訪ね、韓日交流事業を中心に親しく意見交換を行った。これは知事就任時に府庁を訪れた呉総領事への返礼が主な目的。民団大阪府本部から金漢翊団長も同席し、出迎えた。

 呉総領事は、四天王寺ワッソなどを例に、在日同胞と市民が力を合わせて地域共生に取り組んでいることを強調し、地方参政権や在日高齢者福祉への協力も求めた。これに対して橋下知事も理解を示し、国と国の関係ではなく、個人的にも仲良くしていきたいと呉総領事に呼びかけた。また、来夏に予定しているプロジェクト「水都大阪2009」もアピールした。

 呉総領事は「大阪府知事自ら大阪総領事館を訪れたのは近年では初めてだ。アジアをはじめ外国の人々から愛される大阪をつくり、互いに仲良く交流していきたいという知事の意気込みを感じた」と感想を語った。

(2008.3.26 民団新聞)』



2008年3月26日 民団新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.webcitation.org/6AkOiLmop


2008年3月26日 民団新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2012-0917-2332-08/www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=9484


2008年3月26日 民団新聞の該当記事の元記事url
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=9484


以下、2008年5月28日 民団新聞の記事より引用
『韓日交流マダン 同胞ら1万2千人集う
地方参政権付与を求め1万2000人が参加した18日の韓日親善交流マダン
民団大阪主催

 【大阪】永住外国人への地方参政権付与を求める集会「韓日親善交流マダン」が18日、大阪市中央区の大阪城公園「太陽の広場」で開かれた。民団大阪府本部(金漢翊団長)が主催した。会場は府内33支部と傘下団体、日本の各種友好団体の積極的な呼びかけが功を奏し、同胞・市民約1万2000人で盛り上がった。民団大阪による1万人規模の集会は10数年ぶりのこと。

「参政権実現」を決議

 主催団体を代表して金団長は「在日韓国人と日本人が交流し、互いに信頼を深めるなかで地方参政権の願いを実現していきたい」と、集会の趣旨を説明した。民団中央本部から駆けつけた鄭進団長も「私たちの願いを皆さんと共に解決していくとの強い意志を、大阪から発信していこう」とあいさつした。

 これに対して、橋下徹大阪府知事と平松邦夫大阪市長が「韓国、中国などアジアの国々と心から仲良くなり、信頼関係を築こう」と呼びかけた。
集会には大阪選出の与野党国会議員7人、府・市議会議員18人、各種友好団体5団体から代表多数が出席した。最後に、李龍権議長が永住外国人への地方参政権保障を求める決議文を読み上げた。

 式典に続いて、韓国の伝統芸能がステージ上で繰り広げられた。会場周囲の飲食物などを扱う40の出展コーナーには終日人だかりができた。

(2008.5.28 民団新聞)』


2008年5月28日 民団新聞の該当記事のアーカイブ
http://www.webcitation.org/6AkPWMChJ


2008年5月28日 民団新聞の該当記事の魚拓
http://megalodon.jp/2012-0917-2340-54/www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=9781


2008年5月28日 民団新聞の該当記事の元記事url
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=9781


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。